1. トップ
  2. 恋愛
  3. 夫のスマホに着信?画面を見た娘が“パパの彼女から電話”と母に伝えた結果…⇒「浮気サレ女」から脱却するための心得3つ

夫のスマホに着信?画面を見た娘が“パパの彼女から電話”と母に伝えた結果…⇒「浮気サレ女」から脱却するための心得3つ

  • 2024.2.25
  • 17347 views

「浮気サレ女」から脱却するための心得3つ

浮気は繰り返されると「もう嫌だ!」と感じることもあるでしょう。 今回は「浮気サレ女」から脱却するための3つの心得を紹介します。

1:堅実な姿勢を示す

最初に「浮気は許せない」とは言いきれなくても、始めからしっかりと意思表示をすることが大切です。 「浮気をされたときは別れる」と宣言しておきながら、実際に許してしまうと、相手に再び浮気の機会を与えてしまうかもしれません。 感情の揺れは当然ですが、自分なりの対処法を考え、はっきりと意思表示をすることで、浮気を未然に防ぐことができるでしょう。

2:問題を避けない勇気

揉め事は避けたいものですが、浮気された場合に「揉め事は避けたいから…」と声を潜めるのは得策ではありません。 浮気を許すことで修羅場を避けようとしても、その感情は後々自分を苦しめることになります。 真剣にお付き合いを続けたいのであれば、率直に心の中を伝えることが重要です。時には揉め事も覚悟しなければなりません。

3:冷静な対応を心がける

もし浮気されても別れたくないと思うのであれば、感情的になりすぎないように注意しましょう。 すべてを伝えたくなる気持ちも理解できますが、冷静な対応が相手との信頼関係を築くためには重要です。 言いたいことを5つに絞り、相手に対して冷静に伝えることで、関係を穏やかに保つことができるでしょう。 最後に、何もかも吐露するのではなく、少しずつ伝えることで相手に焦りを感じさせ、自らの過ちを認識させることも可能です。

解決へ向けての行動

浮気をされることに責任があるというのは違う視点です。 怒りを恐れるよりも、解決へ向けて行動することが重要です。 (愛カツ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる