1. トップ
  2. スキンケア
  3. オーラルケアは全身の健康や美容にどう影響するの?あんどう歯科・美容皮フ科院長 安藤雄基先生にお伺いしました!

オーラルケアは全身の健康や美容にどう影響するの?あんどう歯科・美容皮フ科院長 安藤雄基先生にお伺いしました!

  • 2024.2.25
  • 1261 views

オーラルケアというと、虫歯や歯周病の予防など、口腔内の健康のためだけのもの・・・と思っていませんか。
実は、オーラルケアを怠ると、全身に影響がある?!
今回は、オーラルケアの重要性についてあんどう歯科・美容皮フ科 院長の安藤雄基先生にお話を伺いました。

オーラルケアは虫歯や歯周病予防だけのためではない!

オーラルケアがもたらす効果は、虫歯や歯周病予防だけではありません。
私たちの笑顔や全身の健康にも大きな影響を与えています。
まず第一に、健康な歯は美しい笑顔の基本です。
白く輝く歯は、自信を与え、相手に好印象を与えることができます。
定期的な歯磨きや歯科検診は、この美しい笑顔を保つために欠かせません。
また、歯と歯ぐきの健康は、全身の健康にも密接に関連しています。
歯周病や虫歯が進行すると、口内のバクテリアが全身に影響を与え、さまざまな健康問題を引き起こす可能性があります。
例えば、糖尿病や心臓病などの生活習慣病との関連が指摘されています。
歯周病が進行すると、炎症反応が全身に波及し、血管にも悪影響を与える可能性があります。
妊娠中の女性にとってもオーラルケアは重要です。
歯周病が妊娠合併症のリスクを高める可能性があります。
定期的な歯科検診や適切な歯磨きは、赤ちゃんとお母さんの健康を守る手助けとなります。
口臭対策もオーラルケアの一環です。
食事の後の食べカスや歯垢、舌に付着した汚れなどが口内で腐敗することで、不快なにおいが生じます。
清潔な口内環境は自己表現の一部であり、仕事や社交場面での信頼感を高めることができます。

口内環境が悪いと肌のトラブルを招く?!

口内環境が悪いと、実は肌のトラブルの原因になり得ることがあります。
オーラルケアを怠ると口内に不適切な細菌が増え、歯ぐきの炎症につながります。
腫れた歯ぐきには、容易に細菌が血管内に侵入し、血流を通して全身に回り影響を与えます。
肌には肌荒れやニキビ、吹き出物を引き起こす可能性があります。
口内の状態が悪いと、お口の粘膜を守るバリア機能が低下し、ウイルスなど有害な物質が体内に侵入しやすくなります。
これが免疫力の低下を招き、アトピーや皮膚疾患を誘発する原因になります。
また、お口の中の金属の被せ物や詰め物が原因で金属アレルギーを発症し、肌のトラブルを引き起こす可能性もあります。
金属アレルギーの傾向がある方は、銀歯を使用した歯科治療に慎重になる必要があります。

ダイエットとお口の健康は深い関係が

肥満とお口の健康はとても深い関係があります。
九州大学の研究者の調査によると、肥満の人はそうでない人に比べて3.4倍、重度の肥満の人になると8.6倍も歯周病になりやすいことが証明されています。
一方で、歯周病には、メタボリックシンドロームの危険因子のひとつである糖尿病とも深く関係しています。
メタボリックシンドロームの危険因子である高血糖・高血圧・高脂血症は、いずれも食生活が深く関連している病気です。
バランスの良い食事をよく噛んで食べるには、お口の健康が大切です。
歯や歯ぐきが健康でないと、固いものを避け、軟らかい食べ物を摂取する傾向にあります。
偏食になり、噛むのが楽な加工食品や炭水化物を食べる機会が多くなると、太りやすい体質になってしまいます。
肥満の予防やダイエットのためにも、オーラルケアと定期的な歯科検診が重要といえます。

健康維持にはオーラルケアは欠かせない

お口の問題は実はさまざまな全身の病気と深い関連があることが分かっています。
口内環境が悪く虫歯や歯周病にかかると糖尿病や心臓病、認知症などを発症するリスクを高めます。
1)糖尿病
糖尿病とお口の健康は密接な関係があります。
糖尿病の患者は歯周病にかかりやすく、逆に歯周病が血糖値を不安定にすることもあります。
オーラルケアが血糖値のコントロールに重要な役割を果たしています。
2)心臓病
お口の健康は心臓病と関連があるとされています。
歯周病によって引き起こされる炎症が全身に広がり、動脈硬化という血管の病気に関わってきます。
それにより、狭心症や心筋梗塞などの心臓病のリスクを増加させる可能性があります。
3)妊娠
妊娠中はホルモンの変化により歯肉の腫れや歯周病が悪化することがあります。
また、妊婦のオーラルケアが胎児の発育にも影響を与えることが知られています。
4)認知症
最近の研究では、歯周病や虫歯が認知症と関連している可能性が指摘されています。
オーラルケアが認知症の予防になるといっても過言ではありません。
5)インフルエンザ
ウイルスによる感染症予防にはオーラルケアが効果的です。
口内の不適切な細菌はウイルスを活性化させ、風邪やインフルエンザなどのウイルス感染症にかかりやすくなります。

オーラルケアは歯や歯周病などのお口のトラブルを予防すること以外に、糖尿病や心臓病、認知症、感染症など健康を脅かす病気にかかるリスクを低くすることができます。
また、美容効果も得ることも可能です。
適切なケアは、肌の健康を維持し、ダイエット効果が得られます。
オーラルケアは健康と美容にとって重要な要素であり、適切なケアにより、自信に満ちた美しい笑顔と健康的な肌を手に入れることができます。
定期的な歯科検診と自宅でのケアを続けて、あなた自身の美を引き立ててください。

[執筆者]


安藤雄基先生
歯科医師
あんどう歯科・美容皮フ科 院長

愛知県名古屋市で歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科に加え、美容皮膚科の診療もおこなう「あんどう歯科・美容皮フ科」を2023年に開院。
セラミックを用いた修復治療や子どもの口腔機能に着目した小児矯正を得意とする。
美容皮膚科と連携をとりながら、健康と美を求める患者様のサポートを目指しています。

あんどう歯科・美容皮フ科 ホームページ
https://ando-db.com

元記事で読む
の記事をもっとみる