1. トップ
  2. ファッション
  3. スタイル重視で選ばれた服「合わせやすいから長く使える」シンプルなデザイン

スタイル重視で選ばれた服「合わせやすいから長く使える」シンプルなデザイン

  • 2024.2.24
  • 211 views


「スタイル良く見える服」スタイル良く見えるコーディネート


春のワードローブ計画。だんだんと薄着に、トップス・ボトムでコーディネートが完結するこの先はまず「スタイル重視」の服選びを。合わせやすいデザインや素材感、夏まで・夏からも着回しが利く服のタイプ、スタイル良く見える合わせ方を実例でご紹介します。




ゆるくもなく細すぎないスレンダーなセットアップ

ジャケット 33,990円、パンツ 25,960円/ともにuncrave WHITE(uncrave) 中に着たトップス 2,990円/UNIQLO バッグ 36,300円/FLATTERED(メゾン イエナ) パンプス 14,850円/スローブ イエナ(スローブ イエナ 自由が丘店)


単品使用でもセットでもシーンを選ばず着回せる頼れるセット。ジャケットは前を閉めればトップスのようにも使える、レイヤードにも適したノーカラーのクルーネック。パンツは股上をやや深めに・そしてウエスト位置を高めにデザインすることで、脚やヒップを締めつけず、脚を長く見せる計算されたシルエット。ジャカード素材の風合いが、上品な風格を演出。




スレンダーなニットパンツ

ベージュリバーシブルジャケット 30,250円/ザ・ノース・フェイス(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター) スエット 9,900円/SeaRoomlynn グレーニットパンツ 36,300円/ENFÖLD ショートブーツ 33,000円/TSURU By MARIKO OIKAWA バッグ 18,150円/ヤーキ(ヤーキ オンラインストア) サングラス 39,600円/プロポ(プロポデザイン)


何より動きやすくて楽。そのうえ通常のストレートよりもやや細めのハイウエストというスタイルUP効果も抜群な1本。足元はヒールでキレイめに仕上げるのはもちろんのこと、スニーカーやローファーなど、足元はヒールレスでも、脚を短く見せない設計。




高めの腰位置から綺麗に広がるシャツワンピース

ロングシャツワンピース 37,400円、中に着たキャミワンピース 37,400円/ともにGraphpaper(グラフペーパー 東京) キャップ 13,200円/マディソンブルー パンプス 36,300円/PIPPICHIC(ベイジュ)


腰から下を長く見せつつ、華奢なボディラインを創造させる、ウエストより少し上の位置からゆるやかに広がるシルエット。動きに合わせて自然に、柔らかく揺れるすそに寄ったギャザーが特徴。そんなシャツワンピースの下に、さらにキャミワンピースを重ね着。すそにフリルのようなボリュームが足されて、よりドレッシーな趣に。




合わせるボトムも丈も選ばないハーフ丈の薄軽ジャケット

ネイビーアシンメトリースカート 39,600円/チノ(モールド) ジャケット 29,700円/MAISON SPECIAL(メゾンスペシャル 青山店) ブルーシャツ(4月入荷予定) 49,500円/THE NEWHOUSE(アークインク) キャップ 6,490円/SEA(エスストア) バッグ 47,300円/VASIC(ヴァジックジャパン) クリア眼鏡 45,100円/Oliver Peoples(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス) パンプス 53,900円/PELLICO(ebure GINZA SIX店)


カーディガン代わりとしても重宝する薄軽ジャケット。ヒップが隠れる程度のハーフ丈なら、ミニ丈も、レギンスやスキニーなどの細身パンツにも、スカートやワンピならミモレ丈・ロング丈にも対応。チェックなどカジュアルな柄なら、ジャケットにシャツというおかたい組み合わせも、力みなく仕上がる。



春服選びはまず「スタイル重視」
≫【全40スタイルの一覧へ】 薄着になってくるから「スタイル良く見える前提で選ばれた服」スタイル良く見える合わせ方


元記事で読む
の記事をもっとみる