1. トップ
  2. 恋愛
  3. 陰謀論には人気があるものと不人気のものがあると判明! 陰謀論をランキング形式で発表!

陰謀論には人気があるものと不人気のものがあると判明! 陰謀論をランキング形式で発表!

  • 2024.2.24
  • 113 views
陰謀論には人気があるものと不人気のものがあると判明! 陰謀論をランキング形式で発表!
陰謀論には人気があるものと不人気のものがあると判明! 陰謀論をランキング形式で発表! / Credit:川勝康弘

陰謀論にも流行りがあるのでしょうか?

ニュージーランドのマッセー大学(MU)で行われた研究によって、一般に出回っている陰謀論の人気が調査されました。

結果、最も人気な陰謀論と不人気な陰謀論の支持率には10倍近い差があることが示されています。

また研究では特定の陰謀論の信者が時間経過によってどのように変動したかも調べられており、非常に興味深い成果が得られました。

なぜ人は陰謀論に惹かれてしまうのでしょうか?

今回は陰謀論の人気ランキングを報告すると共に、次ページ以降では陰謀論の本質に迫りたいと思います。

研究内容の詳細は2024年2月15日に『Scientific Reports』にて公開されました。

目次

  • 人気な陰謀論と不人気な陰謀論
  • 陰謀論の支持率は時間がたっても変化しない
  • 陰謀論はどんな人が信じやすいのか?
  • アメリカ人と39種類の陰謀

人気な陰謀論と不人気な陰謀論

あなたが初めて「月の裏側には異星人の基地がある」とか「ピラミッドは宇宙人の仕業だ」という話を耳にしたときのことを覚えていますか?

子供の頃から、私たちは様々な陰謀論に触れてきました。

中には想像力を刺激したり、オカルティックな魅力を感じたものもあるでしょう。

しかし残念なことに陰謀論には社会に混乱をもたらし、中には人々の命を直接危険にさらすものも存在します。

特に医療に関する陰謀論は、正当な治療を阻害することで人の命を危険に晒します。

そこで今回、マッセー大学の研究者たちは、よく知られている陰謀論が、現在の社会でどれほどの支持率(信者)を集めているかを調べることにしました。

研究自体は非常に真面目なものですが、完成した「陰謀論の人気ランキング」は多くの人の興味をそそるものになりました。

その結果は以下のようになっています。

最近流行っている陰謀論10個のランキングを発表します
最近流行っている陰謀論10個のランキングを発表します / Credit:Matt N. Williams et al . People do change their beliefs about conspiracy theories—but not often . Scientific Reports . 2024

最も人気だったのは「製薬会社は利権を維持するためにがん治療薬の開発を遅らせている」とするものでした。

この陰謀の基礎には、がん治療薬の販売収益が製薬会社に多大な利益をもたらしているとする考えがあります。

がんを一発で治せるような治療法や治療薬が開発されてしまえば、従来の抗がん剤などが売れなくなるのは確かです。

そのため約18%の人々は、製薬会社は意図的にがん治療薬の開発を遅らせるに違いないと考えているようです。

他にも第2位(14.1%)には「9.11がテロではなく政府が演出したものだったとする説」や第3位(13.7%)「新たな世界秩序の構築を目指す秘密組織が世界で暗躍しているとする説も人気がありました。

裏から支配する組織にかんする陰謀論はさまざまな時代さまざまな国々で、ささやかれ続けており、現代においても高い人気を誇っているのがわかります。

ワクチンや5Gなどの話は、新しい科学技術に対する偏見もあるでしょう。

明治時代では電線を通そうとしたとき、(ガスのように)電線から電気が漏れて爆発する危険性が訴えられたとする逸話が伝えられています。

どうやら当時の人々は、電気もガスのように「漏れて火が付くと爆発するもの」と考えていたようです。

新しい科学技術に対する不理解は、いつの時代も陰謀論の燃料になるようです。

一方で、10種類の中で最も不人気な陰謀論は「新型コロナウイルスのワクチンには人々を監視したり管理するためのマイクロチップが含まれている(1.6%)」とするものでした。

これはワクチン系と情報系がミックスされた画期的な陰謀論と言えますが、要素を盛れば人気が出るわけではないようです。

7位にはワクチンが有害だとする陰謀論(5.8%)がありますが、マイクロチップ入りとする陰謀論とはある種の矛盾となります。

監視や管理と毒を盛って殺したりすることは、目的が全く別だからです。

ただ興味深いことに、以前に行われた研究でも、陰謀論を信じている人々にとって重要なのは大枠の真偽であり、細かな部分が違っていても互いに論争を起こすことは少ないことが示されています。

たとえ細かな部分の主張が相反するものだったとしても「奴らはいろんな手段でやっている」とまとめられてしまうのです。

陰謀論を解明するならば細かな部分の違いが鍵になるはずですが、どうやら陰謀論の世界では綿密な情報収集や分析は重視されないようです。

 

 

他にも研究では10種類のうち信じている陰謀論の数が調べられており、総平均が1.71個であることがわかりました。

現在までに複数の陰謀論が確認されていますが、人々が信じているのはそのうち1~2割に過ぎないようです。

(※全ての陰謀論を信じていると答えた猛者もいましたが、少数に留まりました)

つまり陰謀論にはある種の派閥があり、同じ陰謀論を信じる者の他に、自分たちが否定している陰謀論を指示する「異教者」が存在することになります。

そこで次に研究者たちは、今勢いがある陰謀論と衰退している陰謀論を調べることにしました。

陰謀論の支持率は時間がたっても変化しない

どれが勢いがある陰謀論で、どれが衰退している陰謀論か?

答えを得るため研究者たちは時間を置いて陰謀論の支持者数を調査しました。

すると全ての陰謀論において、支持者数がほとんど変化していないことが判明しました。

陰謀論の支持率は時間が経過してもほとんどかわりません
陰謀論の支持率は時間が経過してもほとんどかわりません / Credit:Matt N. Williams et al . People do change their beliefs about conspiracy theories—but not often . Scientific Reports . 2024

これまで一部では、SNSなどの普及のせいで陰謀論はどんどん拡散し、やがては世界を虚偽で埋め尽くしてしまう危険が主張されていました。

しかし実際は危惧とは異なり、メジャーどころの陰謀論は時間が経過しても信者数が一定に保たれているようです。

中でも特に研究者たちが着目したのが、新型コロナウイルス関連の陰謀論でした。

研究データが収集されていた時期はオーストラリアとニュージーランドではロックダウンが行われていた時期と重なっており、政府や医療に対する不満が高まっていました。

これまでの見解では、陰謀論は現実への不信感・不満・危機感があるほど支持を伸ばしやすいと考えられていました。

また時間が経過するごとに人々が陰謀論に接する機会が増えていくことを考えると、この結果は意外と言えるでしょう。

この結果について研究者たちは2つの結論を導き出しました。

1つは、陰謀論の信者は時が過ぎても安定して信じ続けているという事実です。

これまでの研究で、陰謀論の信者は陰謀を否定する証拠を提示されても容易に納得しないことが示されています。

ただ信念が完全に安定しているかといえば、違うようです。

もしそうなら陰謀論の信者は増える一方だからです。

そこで研究者たちは2つ目の要素として、ある程度メジャーになった陰謀論では、新たに信じ始める「入門者」の数と、信じるのを辞めた「背教者」の数が相殺している可能性について述べています。

どうやら陰謀論は初期拡散でベースとなる支持基盤を獲得した以降は、少数の入門者と少数の背教者の出入りが相殺し合う安定期に至るようです。

しかしそうなると気になるのは、支持基盤となる人々です。

いったいどんな性質を持つ人が陰謀論を信じやすいのでしょうか?

陰謀論はどんな人が信じやすいのか?

陰謀論を信じやすい人々は、どのような特性があるのか?

以下の図ではアメリカで行われた別の研究をもとに、陰謀論を信じやすい人々が持つ性質をまとめて示しています。

各グラフの上に書かれているのが人間の性質であり、中央のラインよりもバーが右よりであればあるほど、その性質を持つ人が陰謀論を信じやすいことを意味します。

陰謀論を信じやすい性質があることがわかります
陰謀論を信じやすい性質があることがわかります / Credit:Joseph Uscinski et al . The psychological and political correlates of conspiracy theory beliefs . Scientific Reports 2022

最も顕著なのは、一番左上にある「アメリカ陰謀思考尺度(ACTS)」です。

アメリカ陰謀思考尺度(ACTS)は、陰謀論の信じやすさを測定するために開発されたテストのことです。

このテストでは次の4項目について、「全くそう思わない~完全に同意する」の5段階の回答を行うことで測定されます。

①私たちの生活全般は、秘密の場所で企てられた陰謀によって支配されています。

②私たちは民主主義の国に住んでいますが、常に少数の人々が物事を運営します。

③本当に国を「運営」しているのは誰なのか、有権者は知りません。

④戦争、現在の不況、選挙の結果などの大きな出来事は、秘密裏に活動する少数の人々によってコントロールされています。

多くの人々にとって4項目全てに「全くそう思わない」と答えるのは難しいでしょう。

また4項目の文面に特定の「名詞」が存在しないことに気付いたひともいるかもしれません。

国名や組織名が付加されていないことには利点があり、特定の陰謀論についてではなく、陰謀論全体への信念や親和性を測定可能となっています。

他にも「積極的にデマを拡散」したり「何事も人民に訴えて解決を目指すポピュリズム」の傾向がある人、「マニ教などに代表される善悪二元論で物を考えがちな人」や「政治的問題の解決に暴力を支持する人」などが陰謀論を信じやすいことが示されています。

ダークトライアドにはサイコパス、マキャベリズム、ナルシズムの3つが含まれています
ダークトライアドにはサイコパス、マキャベリズム、ナルシズムの3つが含まれています / Credit:川勝康弘

サイコパスとナルシストとマキャベリストなど「ダークトライアド」に含まれるパーソナリティーを持つ人々も、陰謀論に囚われやすくなっています。

ダークトライアドのパーソナリティーは他にも、普通の人に比べて反社会的行動や犯罪行動を起こしやすいことが知られています。

また興味深いことに、どの大統領を支持するかでも違いがあり、共和党のトランプ氏を支持する人は民主党のバイデン氏を支持する人よりも、陰謀論を信じやすいことが示されました。

ただ大統領で区別する方法は他の要素に比べてバーの横方向への分布が広いことも示されました。

横方向への分布が広いということは、大統領での区別は他の要素に比べて不確実性が高い方法であることを示しています。

(※つまり大統領の支持先で陰謀論の信じやすさを測定すると失敗しやすいという意味です)

一方でマニ教的な善悪二元論で世界を考える人々はバーの横分布が狭く、陰謀論の信じやすさと、ほぼ完全にリンクしていることを示しています。

アメリカ人と39種類の陰謀

以下は39種類の比較的メジャーな陰謀論に対してYESと答えたアメリカ人の割合になります。

(※記事の前半部分で紹介してきた研究は主にオーストラリアとニュージーランドの参加者から得られたデータをもとにしています。)

第1位:56%がYES

ケネディ大統領暗殺の犯人は一人だと思いますか、それとも他にも関与した人物がいると思いますか?(※暗殺は複数犯と思うか?)

第2位:52%がYES

アメリカの1%の富裕層は、自分たちの利益のために政府と経済をコントロールしている。

第3位:50%がYES

政府は、U.F.O.(未確認飛行物体)が実在すること、あるいは宇宙人が地球を訪れたことを示す情報を国民に隠していると思いますか?

第4位:48%がYES

エリート性的人身売買組織の経営者として告発された億万長者ジェフリー・エプスタインは、彼の犯罪ネットワークの活動を隠蔽するために殺害された。

第5位:44%がYES

政府には「ディープ・ステート(深層国家)」が存在し、監視されることなく秘密裏に活動している。

第6位:43%がYES

ロバート・ケネディ上院議員の暗殺は、一個人の犯行だと思いますか、それとももっと大きな陰謀の一部だと思いますか?

第7位:40%がYES

遺伝子組み換え食品の危険性は、一般大衆から隠されている。

第8位:36%がYES

コロナウイルスによる死亡者数は誇張されている。

第9位:35%がYES

食品医薬品局は、製薬会社からの圧力のために、国民がガンや他の病気の自然療法を受けるのを意図的に妨げている。

第10位:34%がYES

政府とハリウッドのエリートが、大規模な児童性売買を行っている。

第11位:33%がYES

マーティン・ルーサー・キング牧師暗殺は一個人の犯行だと思いますか、それとももっと大きな陰謀の一部だと思いますか?

第12位:29%がYES

ヒラリー・クリントンはロシアに核物質へのアクセスを提供するために共謀した。

第13位:29%がYES

ワクチンの危険性は医療機関によって隠されている。

第14位:29%がYES

コロナウイルスは陰謀の一環として権力者によって意図的に作られ、放出された。

第15位:26%がYES

億万長者のジョージ・ソロスは、アメリカ政府を不安定化させ、メディアを掌握し、世界を支配下に置こうとする隠された陰謀の背後にいる。

第16位:26%がYES

ロスチャイルド家は、その富によって政府、戦争、多くの国の経済を支配している。

第17位:24%がYES

コロナウイルスは、アメリカ人に危険で不必要なワクチンを強制するために使われている。

第18位:20%がYES

アメリカ政府は、ジョン・レノン、カート・コバーン、トゥパック・シャクールなど、自分たちが好まないカウンターカルチャーのメッセージを広めようとしたエンターテイナーたちの暗殺を行ってきたと思うか、思わないか?

第19位:20%がYES

製薬業界は医療業界と手を組み、金儲けのために新しい病気を「発明」していると思うか、思わないか?*

第20位:20%がYES

保健当局は携帯電話がガンを引き起こすことを知っているが、大企業がそうさせないため、それを止めるために何もしていない。

第21位:19%がYES

あるアメリカ政府高官は、2001年9月11日の同時多発テロを計画した。

第22位:19%がYES

バラク・オバマは大統領になるために市民権を偽造した。

第23位:19%がYES

フランクリン・D・ルーズベルト大統領は日本の真珠湾爆撃計画を知っていたが、戦争に同盟国側の米国を巻き込む口実が欲しかったので何もしなかったと主張する人々がいる。

第24位:18%がYES

メディアや政府がテレビ放送信号に秘密のマインドコントロール技術を加えていると思うか、思わないか?

第25位:18%がYES

地球温暖化はデマだと思うか?

第26位:16%がYES

2012年12月14日にサンディフック小学校で起きた銃乱射事件に関して、政治的な意図を推し進めるために真実を隠している人々がいる。

第27位:16%がYES

警察官を殺す国家的陰謀はあると思うか。

第28位:15%

共和党は、2016年、2004年、2000年の大統領選挙を盗むことで勝利した。

第29位:15%がYES

エイズは黒人やヒスパニックのようなマイノリティを組織的に破壊する一形態であることに、完全に同意するか、ほぼ同意するか、ほぼ同意しないか、完全に同意しないか。

第30位:13%がYES

政府がフッ素を水道水に添加しているのは、歯の健康のためではなく、他のもっと不吉な理由のためだと思うか、思わないか。*

第31位:12%がYES

米国政府はコンパクト蛍光灯への切り替えを義務付けている。

第32位:12%がYES

コロナウイルスは私たちの体内に追跡装置を設置するために使われている。

第33位:12%がYES

レーガン陣営は、1980年の大統領選挙が終わるまでイランのアメリカ人人質を拘束するために、イラン側と取引をしたと思うか、思わないか。*

第34位:11%がYES

ビル・ゲイツはコロナウイルスのパンデミックの背後にいる。

第35位:10%がYES

O.J.シンプソンを罠にはめる警察の陰謀があったと思うか、思わないか?

第36位:10%がYES

宇宙開発について考えるとき、政府はアポロ月面着陸を演出し、捏造したと思うか、思わないか?

第37位:7%がYES

5G携帯電話技術はコロナウイルスの拡散に責任がある。

第38位:6%がYES

あなたはQANONの信者ですか?*

第39位:5%がYES

オサマ・ビンラディンは死んだと思いますか、それともまだ生きていると思いますか?

地球平面説の信者は意外に多い
地球平面説の信者は意外に多い / Credit:川勝康弘

なおランク外となりましたが、近年になってよく耳にする地球平面説を信じているアメリカ人は全体の2%(600万人)であると言われています。

地球平面説はその名の通り地球が丸くなく平面であると主張する説です。

彼らは一般に宇宙から撮られた地球の写真は全て偽物であり、水平線の向こうは崖であると信じています。

多くの人々がさまざまな方法で彼らを正そうとしましたが、ほとんどが失敗しました。

なかには専門的機器での計測を行い、地球が平面であることを「確信した」という人もいます。

陰謀論に対抗する方法

認知の面から陰謀論を研究している人々はしばしば、陰謀論は「考えるのが苦手な人たち」が簡単に世界を説明する方法を求めて辿り着くと述べています。

さまざまな要因が絡んだ経済の浮き沈みや最新の科学技術、複雑な政治的事情を正確に把握するには、複雑なものを複雑なまま理解する必要があります。

しかし多くの人々にとってそれは困難であり、1つの解釈で全てが説明できる何かを求めます。

裏で国をあやつっている組織があれば、予測困難な経済や政治を「奴らの悪だくみ」の1言で解釈することが可能です。

新しく衝撃的な事件が起きた時、普通の人々(専門家も含む)は原因や背後関係についていろいろと思考を巡らせます。

ですが陰謀論を信じる人々はしばしば「やっぱりな」「こうなることはわかっていた」「裏の活動が一部表に出ただけ」という論調で、いきなり語り始めます。

このようなスタンスをとることで、複雑なものを複雑なまま理解しようと苦戦している人々に対して、優越感を感じることができます。

もし語るのが上手い人ならば、預言者としてカリスマさえ感じさせることもできるでしょう。

そして、なにより陰謀論者を勢いづかせるのが「時々正解だったりする」という点です。

陰謀論とされる全ての説が嘘ではなく、稀に真実に辿り着くこともあるからです。

特に科学技術に関して、画期的な理論は歴史上、最初は常にオカルトと見なされてきました。

アインシュタインが主張する時空の歪み、量子力学が主張する1つの物体が2カ所に同時に存在する結果は、詳しい人ですら信じることは容易ではありません。

しかし陰謀論には単なる誤認とは違い、人々を操作しようとして誤情報を意図的に流す場合があります。

また刺激的なデマを唱えることで注目を集め、有名になったり収益を得ようとする場合もあります。

(※全ての陰謀論がそうではありません)

現在ではそのような陰謀論に対抗する手段の開発が進んでおり、陰謀論が蔓延りそうな問題については先制的に正しい情報を流すことが有効であることが示されています。

陰謀論に囚われやすい人も、正しい情報を先に得ることで、正しい情報を使って知識のマウンティングや知識の拡散をしてくれるようになるからです。

参考文献

People do change their beliefs about conspiracy theories—but not often, says study
https://phys.org/news/2024-02-people-beliefs-conspiracy-theories.html

元論文

People do change their beliefs about conspiracy theories—but not often
https://doi.org/10.1038/s41598-024-51653-z

The psychological and political correlats of conspiracy theory beliefs
https://doi.org/10.1038/s41598-022-25617-0

ライター

川勝康弘: ナゾロジー副編集長。 大学で研究生活を送ること10年と少し。 小説家としての活動履歴あり。 専門は生物学ですが、量子力学・社会学・医学・薬学なども担当します。 日々の記事作成は可能な限り、一次資料たる論文を元にするよう心がけています。 夢は最新科学をまとめて小学生用に本にすること。

編集者

ナゾロジー 編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる