1. トップ
  2. レシピ
  3. [17-1]義母の天然利用させていただきます。負けてたまるか「家族」と認められない私|ママ広場マンガ

[17-1]義母の天然利用させていただきます。負けてたまるか「家族」と認められない私|ママ広場マンガ

  • 2024.2.24
  • 25399 views


「恭一の好きなメニューたくさんあるのよ。我が家の味を覚えて欲しいわ~」という義母は恭一さんの好きなハンバーグを準備していました。早速「お手伝いします!」とアイ子さんが申し出るも、「今日はアイ子へのお詫びなんだからゆっくりしてて」と決して手伝わせてはくれず・・あいかわらずの意地悪さに怒りが・・

「家族」と認められない私[17-1]天然には天然で対抗

ママ広場


ママ広場


「できたわ~どうぞ!」
と完成した義母のハンバーグを前に

「わー!本当においしそう!いただきます」
とアイ子さんは言いながら、

ママ広場


(お味噌汁・・ハンバーグにサラダ、ごはん。食べる時は気をつけないと・・)
とじっと料理を見つめていると、

ママ広場


「やっぱり母さんのハンバーグは最高だな!あ、もちろんアイ子のもうまいよ!味噌汁もうまい~」
と大喜びの恭一さん、

ママ広場


すると、

「ごめん・・・」
目に涙を浮かべながら謝るアイ子さん

「なっ・・ど、どうしたんだよアイ子・・」
心配して恭一さんがたずねると

「私、お義母さんの料理覚えられないかも・・」
とアイ子さんが呟いて・・

続きます

ママ広場オリジナルマンガ「「家族」と認められない私」は毎日更新します。おたのしみに!

----------------
※ストーリーは実話を元にした創作マンガです。
※登場人物や団体名は仮名であり、実在の人物や団体等とは関係ありません。
※この記事は過去に公開したものを再掲してしています。

脚本・編集:ママ広場編集部 作画:dechi

元記事で読む
の記事をもっとみる