1. トップ
  2. グルメ
  3. スーパーの店員「6万4千円の弁償です」母親「!?」⇒走り回る子どもを『放置した』母親…まさかの事態に発展!?

スーパーの店員「6万4千円の弁償です」母親「!?」⇒走り回る子どもを『放置した』母親…まさかの事態に発展!?

  • 2024.2.23
  • 5693 views

皆さんは、店で厄介な客を見かけた経験はありますか?今回は「スーパーで子どもに好き勝手させる母」にまつわる物語とその対処法を紹介します。 ※この物語はフィクションです。

イラスト:モナ・リザの戯言

迷惑な常連客

スーパーで働いている主人公。 そんな主人公の店には、よく子どもを放置して買い物をする女性常連客がいました。 女性が子どもを見ていないため、子どもは売り物のお菓子を食べたり商品にイタズラしたりとやりたい放題。 主人公や他の店員たちは走り回る子どもを追いかけますが、店内はめちゃくちゃになっていくばかりで…。

注意することに

lamire
出典:モナ・リザの戯言

痺れを切らした店長が女性に注意したものの、女性は聞く耳を持ちません。 そんなある日、女性がいつも通り子どもを放置していたとき、事件が起きました。 子どもたちがワインの棚にぶつかり、高額なワインを数本割ってしまったのです。 これには店長も、女性に「6万4千円の弁償です」と激怒。 しかしその後も弁償に対して「はああ!?」と文句を言い、逃れようとする女性なのでした…。

読者からの対処法

出入り禁止にするべきだと思います。 お店だけでなく、他の買い物客にも迷惑がかかっていると思います。 このままにしておくのは難しいと思いました。 (40代/女性)
すぐに注意して、言うことを聞かない場合は出入り禁止にします。 母親にも都合があるかもしれないですが、最低限のマナーは守るべきです。 (20代/女性)

非常識な買い物客がいた時の対処法を紹介しました。 参考にしてみて下さいね。 ※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。 ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。 ※こちらの記事はみなさんから寄せられたアンケートをもとに作成しています。 (lamire編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる