1. トップ
  2. メイク
  3. 派手すぎず、地味にも見えない【40代のちょうどいい大人メイク】の作り方

派手すぎず、地味にも見えない【40代のちょうどいい大人メイク】の作り方

  • 2024.2.23
  • 250 views

冬の厳しい乾燥や加齢でうるおいはつい失われ、老け見えしがち…。そんな極乾期でも絶対乾かないツヤ感メイクテクニックを、過酷な環境のロケでも女優の肌をツヤッと仕上げる名手・岡野さんに教えていただきました。

Q.1どうしてもパウダーをのせたいときのコツは?

A.無色&ノンパールを選んで。のせる量はほんの少し

保湿を重視して薄膜に仕上げた肌は、パウダーを省略してもOK。メイク崩れ対策などで使いたい場合は、色やパールを控えたタイプを少量に留めて。

左:人気作が進化!光の反射、透過、散乱を自由に操り悩みをカバー。全9種からノーカラータイプを使用。ルースパウダー 00 20g ¥6,050 ※パフ付き(コスメデコルテ)右:独自技術によりスキン ケア成分を約30%配合。 毛穴や小ジワなどもフィル ターをかけたように補整。 アプソリュ エッセンス イン パウダー 01 15g ¥15,400 (ランコム)

パウダーは量が肝!フワッと薄くのせて

大きめブラシに少量のパウダーを含ませたら、パフなどに馴染ませてさらに量を調節。Tゾーンや小鼻の周りにフワッとのせます。ほんの少量で効果は十分。

Q2.もう少しツヤがほしい!どこに、どうやって足す?

A.中央のツヤは下地で、ポイントにはハイライターで足して

くすみが気になりトーンアップ下地を使いたいなら、自然な色とツヤを与えるタイプを選んで。ツヤ感が足りないと感じたら、肌色に近いパール入りハイライトスティックが重宝。

左:[肌馴染みの良いハイライター] 超微細なパールで柔らかいツヤをオン。肌に馴染むピンクベージュ。アディクションザグロウスティック Above the Moon ¥4,180 (ADDICTION BEAUTY)右:[光で明るい肌に導くツヤ系下地] みずみずしいツヤを仕込み、高輝度な光で影やくすみをオフ。アルビオンスタジオリングライトディフェンダー SPF35・ PA+++ 30ml¥3,850〈2月18日発売〉(アルビオン)

下地は…

トーンアップ下地は中央に多めがルール
色補整効果のあるトーンアップ下地を全顔に塗ると白っぽくなりすぎる恐れも。特にカバーしたい顔中央を中心に塗り顔周りは馴染ませる程度に。

ハイライターは…

頰上にツヤを追加!指でのせて量を調節
メイク後やお直し時にツヤを足したいならハイライターを指にとって薄くのせて。ウエットタイプはテカリに、白み系は粉っぽく見えるので注意して。

Q3.リップメークの質感を損なわずに唇をしっかり保湿するには?

A.ベースメーク中に色つきリップ美容液を仕込みましょう

ベースメイク中にケアリップを仕込めばマットリップも乾燥知らず。リップメイクまで時間を置けば質感への影響もナシ。色つきタイプは血色感を与えてヘルシーに見せる効果も。

左から [鉄板ケアリップで淡い色と湿度を纏う] ツヤ、保湿、プランプのトリプル効果が持続。ディオールアディクトリップマキシマイザー 001 ¥4,620(パルファン・クリスチャン・ディオール)唇を長時間保湿するリップオイル。唇の水分量に反応し自分色に染めあげます。リップコンフォートオイル 08 7ml¥3,850(クラランス)[軽くほわりと色づく最旬マットカラー]軽さと見たままの発色が人気のマットリップの温もり色。アディクションザマットリップリキッド Mellow Brown ¥ 3,520 ※数量限定(ADDICTION BEAUTY)クリームが軽やかに伸びパウダリーな質感に変化。グラムトーンカラーカスタード 02 ¥3,300(THREE)

萎んだ唇に血色と湿度ボリュームも復活!

Q.4もっちり肌とヘアのベストなバランスは?

A.肌を引き立たせるためにもふんわりツヤ感がベスト

質感が柔らかいとうるおった印象に見える効果あり。ヘアスタイルは適度なボリュームと丸みがあるほうがベター。ツヤを出しすぎるとコントラストで肌が乾いて見えるので注意。

教えてくれたのは……

ヘア・メイクアップアーティスト 岡野瑞恵さん

モデルの魅力を自然に引き出す唯一無二のメイクに有名女優からの指名多数。美魔女を劇的に変身させる美STの連載「大人の遠近両方美人メーク」も好評。

<衣装クレジット>
ニット¥15,400(ジャスグリッティー)イヤリング¥ 42,900(アナプノエ/フ ォーティーン ショールーム)

2024年『美ST』3月号掲載
撮影/嶌原佑矢(UM)〈人物〉、五十嵐 洋〈静物〉 モデル/樋場早紀 ヘア・メイク/岡野瑞恵(STORM)スタイリスト/井関かおり 取材/大山真理子 編集/浜野彩希

元記事で読む
の記事をもっとみる