1. トップ
  2. メイク
  3. 韓国オリーブヤング発コスメ「WAKEMAKE」が日本でも流行りそうな予感!?

韓国オリーブヤング発コスメ「WAKEMAKE」が日本でも流行りそうな予感!?

  • 2024.2.22
  • 1282 views

韓国のコスメブランドであるWAKEMAKEウェイクメイク)は、オリーブヤングが展開するカラーメイクアップブランドです。

美しい発色のコスメアイテムが展開されています。日本でもこれから流行しそうな予感!

今回WAKEMAKEのおすすめコスメをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

16色入りで色々なメイクが楽しめる「ソフトブラーリングアイパレット」

「ソフトブラーリングアイパレット」は、16色入りのアイシャドウパレットです。

複数のカラー&質感のアイシャドウがセットになっているので、色々なアイメイクが楽しめますよ!

カラーバリエーションが豊富なところもポイントです。

特におすすめのカラーは、02ライブリーブラーリング・03サンセットブラーリング・05ミュートコーラルブラーリング・07ソーダコーラルブラーリング。どれも使いやすいカラーなので、ぜひチェックしてみてください!


■価格:販売価格3,980円(税込)

セミマット肌に仕上がる「ウォーターベルベットカバークッション」

「ウォーターベルベットカバークッション」は、ベルベットのようなセミマット肌に仕上げることができる、クッションファンデーションです。

SPF50+・PA+++」とUVカット効果があるところもポイントで、紫外線対策もできます。

ウォータリーな質感で、みずみずしく、肌馴染みも良いです。

浮いたり崩れたりしにくく、長時間きれいな状態が持続するところも魅力的!


■価格:販売価格3,000円(税込)

複数のカラーがあるので、自分のお肌にマッチするものを選ぶことができます。

19ポーセリン・21バニラ・22ニュートラルの3色が特におすすめ!

ぷるんとしたみずみずしい仕上がり「デュイジェルグロウティント」

「デュイジェルグロウティント」は、ぷるんとしたみずみずしい質感のリップに仕上げることができる、リップティントです。

ツヤがしっかりプラスされるので、グロスいらずですよ!

ロングラスティングタイプのリップティントで、長時間きれいな状態をキープすることができるところも魅力です。


■価格:販売価格1,990円(税込)

カラーバリエーションが豊富なところも嬉しいポイント。

01バブリーコーラル・04マチュアオータム・07フィグフィリング・08クーリッシュチェリーの4色が特におすすめです!



質感がみずみずしい上に発色もきれいですよ!

透明感のあるつややかな仕上がり「デュイジェルグレーズスティック」

「デュイジェルグレーズスティック」は、つややかでもっちりした質感の唇に仕上げることができるリップスティックです。

透明感のある発色のリップなので、自然に仕上がります。どんなテイストのメイクにもマッチするコスメアイテムです。


■価格:販売価格2,200円(税込)

編集部のおすすめカラーは、01ミュートパーセント・04ウォーミングコーラル・07オータムグレイズ・08ミューテッドプラム・09プラムブリューの5色。ぜひチェックしてみてください。

透明感のある発色がとても美しいです。

なめらかな質感で、するするとスムーズに塗れるところもポイント!

フィット感が高くて自然に仕上がる「ディファイニングカバーコンシーラー」

「ディファイニングカバーコンシーラー」は、シミやくすみなど気になる部分をしっかりカバーできるコンシーラーで、べたつかないところとフィット感が高いところが魅力。

しっかり密着するので、キープ力が高く崩れにくいですよ。

お肌に一体化するように馴染み、浮きにくいところも特徴です。普段使いするのにぴったりなアイテムですよ!


■販売価格:1,990円(税込)

ポイント

・「ソフトブラーリングアイパレット」は16色入りで色々なメイクが楽しめる
・「ウォーターベルベットカバークッション」はベルベットのようなセミマット肌に仕上がる
・「デュイジェルグロウティント」はぷるんとした仕上がりになるティント
・「デュイジェルグレーズスティック」は透明感のある仕上がりになるリップ
・「ディファイニングカバーコンシーラー」はフィット感が高いコンシーラー

今回はWAKEMAKE(ウェイクメイク)という韓国コスメブランドのアイテムをご紹介しました。

どれも普段のメイクに活躍しそうな、使い勝手の良いアイテムばかり!日本でも流行しそうなので、ぜひ今のうちにチェックしておいてくださいね。


掲載商品は取材時点のものであり、現在お取扱いしていない場合があります。

合同タッチアップ会取材にて

元記事で読む
の記事をもっとみる