1. トップ
  2. ダイエット
  3. アイアンで飛ばそう! 7番8番アイアンの飛距離が変わらない人は【右手グリップ】を見直して【ドラコン世界女王・大和田紗羅が教えます】

アイアンで飛ばそう! 7番8番アイアンの飛距離が変わらない人は【右手グリップ】を見直して【ドラコン世界女王・大和田紗羅が教えます】

  • 2024.2.22
  • 24629 views

7番アイアンの飛距離と8番アイアンの飛距離がさほど変わらないと悩む女性ゴルファーは少なくありません。その原因は、7番アイアンのロフトが8番アイアンと同じぐらいの数字でインパクトを迎えていることにあります。ドラコンの世界女王・大和田紗羅プロによれば、右手のグリップに注意すると改善できるそうです。

大和田紗羅プロ

20~30ヤード飛ぶ“ドラコン用マン振りスイング”は普通のスイングとどう違う?【ドラコン世界女王・大和田紗羅が教えます】

◆ボールを上げたい気持ちがロフトを大きくしてしまう

飛距離を構成する要素はロフトが7割以上、残りがシャフトの長さだと言われています。ロフトが小さいほど、シャフトが長いほど飛ぶわけですね。実際、ドライバーのロフトがクラブの中で最も小さく、シャフトが最も長い理由もそこにあります。アイアンで番手どおりの飛距離が出ない人は、ロフトに問題があるようです。

例えば、7番アイアンのロフトは38度ですが、飛ばないと悩む人は42度ぐらいのロフトでインパクトを迎えています。これは8番アイアンと同じロフトなんです。7番で打っても8番で打っても飛距離が変わらないという人の原因はここにあります。なぜ7番アイアンのロフトが大きくなってしまうのでしょうか。それはボールを上げようとするからです。ボールが上がりにくいという先入観があると、ダウンスイングからインパクトにかけてボールをすくい打つ動きになります。同時に、フェースのロフトが大きくなるため、飛距離が出ません。

まずはボールを高く上げようという気持ちを捨てましょう。アイアンに限りませんが、ボールを高く上げるのはクラブです。クラブが持つ本来のロフトのままインパクトを迎えれば、自然と番手どおりの飛距離を得ることができます。余計な動きをしないように心がけましょう。

【OK】本来のロフトどおりにインパクトを迎えれば、番手に応じた飛距離は必ず出ます。

【NG】ボールを上げようとしてロフトが大きくなった状態でインパクトを迎えると、本来の飛距離は出ません

◆右手のひらが目標を向くように真横から添える

インパクトでロフトが大きくなってしまう人の特徴として、右手のひらが上を向く傾向があります。まずは、アドレスするときから右手のグリップには気をつけましょう。先に左手でクラブを握ったら、右手は真横から添え、左手親指を包み込むように握りましょう。このとき、右手のひらが目標を向くのが正解です。

インパクトでも同じように右手のひらが目標を向いていれば、自動的にフェース面も目標を向くので、本来のロフトのままボールをとらえます。インパクトで右手のひらが上を向いてしまうと、フェース面も上を向くので、番手どおりの飛距離が出ないと考えましょう。

インパクトで右手のひらを上に向ける人は、バックスイングの段階からその傾向が出ています。バックスイングでは、右手のひらが上に向かないようにすること。両手を腰の高さぐらいまで上げた時、スイングを止め、フェース面がどこを向いているのかチェックしましょう。フェース面が下を向き、飛球線後方から見た場合、背中の角度と同じ角度になっていればOKです。

左手でクラブを握ったら、右手を真横から添えましょう

右手のひらを目標に向けたら、左手親指を包み込むように握ります

インパクトで右手のひらが目標を向けばフェース面も目標を向き、右手のひらが上を向けばフェース面も上を向きます

バックスイングでフェースの向きをチェック。背中の角度とフェースの角度が一緒なら右手のひらは開いていません。

フェースが上を向いている人は右手のひらも上を向いています

◆教えてくれたのは…大和田紗羅プロ

おおわださら/1994年生まれ。福島県出身。日本人女子選手として初めて2022年女子ドラコン世界チャンピオンに輝く。公式最長飛距離342ydの記録保持者。ティーチングプロフェッショナル資格 A級とJLPGAジュニアゴルフコーチ資格を持つ

撮影/村上悦子 取材・文/山西英希 取材協力/東京相武カントリークラブ(アコーディア・ゴルフ)

The post アイアンで飛ばそう! 7番8番アイアンの飛距離が変わらない人は【右手グリップ】を見直して【ドラコン世界女王・大和田紗羅が教えます】 first appeared on Regina(レジーナ).

元記事で読む
の記事をもっとみる