1. トップ
  2. 恋愛
  3. 友達はいらない「縁を切るよ」SNSメッセージで伝えた女性の体験談

友達はいらない「縁を切るよ」SNSメッセージで伝えた女性の体験談

  • 2024.2.21
  • 5871 views

おもてなしを強要されたら嫌ですよね。あまりに価値観が合わない人とは付き合いをやめるのも一つの方法です。今回ご紹介する作品は、オニハハ。(@onihaha3)さんの体験に基づくお話です。家にママ友が遊びに来ると、準備や気遣いで疲れてしまうオニハハさん。価値観の異なるママ友に付き合ううちにトラブルを招いてしまいます…。母になってからの友達付き合いの難しさを描いた『私は友達がいない』をご紹介します。ダイジェスト版でどうぞごらんください。

もう無理。縁を切ろう。

今回の主人公は子育て中のオニハハさん。同じく子どものいる友達が、2週連続でオニハハさんの自宅に遊びに来たいと言います。

しかし、もてなす準備が難しいことを伝えると、友人は憤慨し「申し訳ないとは思わないのか」とオニハハさんを詰めます。母になってからの友達付き合いトラブルを描いた漫画作品です。

最初から友達じゃなかったのかも。

友達を自分から切ってしまったことを夫に伝えると、自然なことだと返されました。元々一人でいるのが好きなオニハハさんにとって、友達が1人いなくなることは問題ではないと思っているようです。

渦中の友達からは「縁を切りたくない」と電話が来ますが、この関係性に疲れてしまったオニハハさんは冷静にメッセージをブロックしました。

そして、本当は友達と呼べるほど仲良くなかったことに気が付きました。当時は楽しい関係性が築けていたとしても、時がたつにつれ変わりますよね。

人付き合いは、余裕のある時に。

子育て中は忙しく、人間関係に気を遣うのが難しいこともありますよね。無理して約束を取り付けても、相手との時間がストレスになってしまうかもしれません。

人付き合いは互いのために、余裕のある時に築くのが得策です。これは、大人になってからの友人関係の難しさを改めて考えさせられるお話です。

著者:ママリ編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる