1. トップ
  2. メイク
  3. 年齢問わず使える! プチプラコスメでメイクを仕上げてみた

年齢問わず使える! プチプラコスメでメイクを仕上げてみた

  • 2024.2.21
  • 7407 views
セザンヌやキャンメイク、キスミー

近年の物価高からコスメ代をできるだけ抑えたいという人も多く、お手ごろ価格なプチプラコスメが人気ですね。 プチプラコスメと聞くと、若年層が使うイメージという人もいるかと思いますが、今回は、今年トレンドの上品さやラグジュアリーさがあり、30代以上でも使いやすく春まで使えるアイテムをご紹介します。

トレンドカラー&使いやすいアイシャドウ

キャンメイクとセザンヌのアイシャドウ

年齢とともに目もとのくすみ、たるみ、まぶたの低下が気になる人も多いと思いますが、濃く暗い色味を重ねると余計に目もとが小さく見えてしまうので、明るめの色味のアイシャドウを選ぶことがポイントです。
おすすめアイテムはトレンドであるくすみ系ニュアンスカラーで自然な陰影や立体感を作りやすい「キャンメイク シルキースフレアイズ(04 サンセットデート)」と「セザンヌ ビタートーンアイシャドウ(02 ドライローズ)」です。

キャンメイク シルキースフレアイズの色味

「キャンメイク シルキースフレアイズ(04 サンセットデート)」はBのオレンジとCレッド、Dレッドブラウンが特徴で、深みのある色ですがパール質感なので重くなりすぎずに目もとの奥行き感を演出することができます。
目もとのシワや腫れぼったさをカモフラージュするにはAのハイライトカラーも使えます。

キャンメイク シルキースフレアイズを目もとに使う
セザンヌ ビタートーンアイシャドウ

「セザンヌ ビタートーンアイシャドウ(02 ドライローズ)」はBのくすみベージュ、Cのくすみブラウン、Dのくすみ濃いブラウンが特徴です。
パールなしなのでマットですが透け感があり重くなりすぎずに目もとの陰影や立体感を演出することができます。

セザンヌ ビタートーンアイシャドウを目もとに使う

難しくない!簡単に作れるアイブロウ

ザンヌとキスミーのアイブロウ

アイブロウといえば、形を作るのが難しい、毛っぽくうまく描けない、自然な印象に仕上げるのが難しいと感じる人も多いのではないでしょうか。
おすすめアイテムは「セザンヌ 細芯アイブロウ(03ナチュラルブラウン)」「キスミー フェルム アイブロウマスカラ(03モーヴブラウン)」です。

セザンヌのアイブロウ

毛がまばらな場合は毛っぽさを描き足すことがポイントですが「セザンヌ 細芯アイブロウ(03ナチュラルブラウン)」は毛のような細い線が描きやすく、抜け感のある発色なので自然に仕上がります。

セザンヌのアイブロウで描いた眉
キスミー フェルム アイブロウマスカラ

眉毛の色よりも髪の毛や瞳の色が明るいなど眉毛が暗すぎるとやぼったく見えてしまうので、アイブロウマスカラで色味を変えて垢抜けた印象、ふさっと立体感のある眉毛に仕上げましょう。
「キスミー フェルム アイブロウマスカラ(03モーヴブラウン)」はスリムブラシで塗りやすく、ひと塗りで印象が変わります。

キスミー フェルム アイブロウマスカラを足した眉

透明感のある上品な肌質感に仕上げるチーク

セザンヌ チークブラッシュ

30代以上はポイントメイクよりもうるおい、ツヤっぽさ、発光感のあるベースメイクにこだわることが大切です。 おすすめアイテムは「セザンヌ チークブラッシュ(03ミルクモーヴ)」です。

セザンヌ チークブラッシュの色味

しっとりとした質感で肌の色味に自然になじみ血色感を演出します。
チークは色を濃くしすぎず、ふんわりと仕上げることがポイントです。

セザンヌ チークブラッシュをほおに使う

顔の印象を明るく見せるツヤリップ

セザンヌ リップカラーシールド

年齢とともに唇のくすみ、血色のなさが気になる人も多いと思います。
あざやかな赤やかわいいピンク系だとメイクやファッションの色など全体のまとまりと合っていないと、かえって口もとだけ浮いて見える原因となるほか、逆に色が暗すぎたりマットな質感だと顔がくすんで疲れたように見えてしまうことがあります。
おすすめアイテムは「セザンヌ リップカラーシールド(04 メロウピンク)」です。

セザンヌ リップカラーシールドの色味

血色感を高めてくれるピンク色ですが肌になじみやすいヌーディカラーなので明るくなりすぎず、肌のくすみをかき消すような明るい印象に見せてくれるツヤ質感です。

セザンヌ リップカラーシールドを口もとにつける
プチプラで仕上げたメイク

いかがだったでしょうか。
今回ご紹介したアイテムは30代以上でも使えること間違いなし! プチプラでも使えるアイテムを探している人はぜひ参考にしてみてください。

元記事で読む
の記事をもっとみる