1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. スキー場で雪乞い神事 「営業していないと勘違いする恐れが。この手のニュースは流すほうも受け手も注意が必要だ」辛坊治郎が指摘

スキー場で雪乞い神事 「営業していないと勘違いする恐れが。この手のニュースは流すほうも受け手も注意が必要だ」辛坊治郎が指摘

  • 2024.2.21
  • 141 views

キャスターの辛坊治郎が2月20日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。暖冬による雪不足のため、兵庫県内のスキー場で雪乞い神事が営まれたことを伝えるニュースを見たことに触れ、「スキー場が営業していないと勘違いする恐れがある。この手のニュースは流すほうも受け手も注意が必要だ」と指摘した。

※写真は、イメージです

辛坊)インターネットニュースを見ていたら、暖冬による雪不足のため、兵庫県内のスキー場で今冬、雪乞い神事が営まれたそうです。さて、このニュースを見たら、兵庫県内のスキー場は営業していないと勘違いしませんか。私、今週末に1泊2日で兵庫県北部のハチ高原へスノーボードを滑りに行く予定でしたので、調べてみました。すると、その辺りのスキー場は営業していました。

スキー場の雪不足という情報が先行すると、久しぶりにスキー場に行ってみようと思っていた人が「営業していないんだ」と勘違いする恐れがあります。私もこのニュースを見たとき、宿だけは予約済みでしたので、スノーボードを持参するのはやめようかと思いました。でも、よくよく調べてみると、スキー場が営業していることが分かりましたので、スノーボードを持っていくことにしました。この手のニュースは流すほうも受け手も注意が必要です。

元記事で読む
の記事をもっとみる