1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ウィリアム・モリスが「100均」で買える!?セリア、キャンドゥなどで魅惑のグッズ続々

ウィリアム・モリスが「100均」で買える!?セリア、キャンドゥなどで魅惑のグッズ続々

  • 2024.2.24
  • 466 views

人気のモリスデザイン、ご存じですか?

モリス商品を100均で買える
モリス商品を100均で買える

2021年末に第1弾が登場し、瞬く間に完売する店舗が続出――。雑貨メーカー「amifa(アミファ)」が手掛ける、100円ショップのウィリアム・モリス「MASTERPIECE COLLECTION」。その後も新商品が出るたびに完売、品薄となる反響で、SNSでも「これ100円でいいの?」などの投稿が相次いでいます。人気の秘密を解説します。

ウィリアム・モリスは、19世紀イギリスのテキスタイルデザイナー。思想家、詩人、アーティストなどさまざまな顔を持ち、あらゆる分野で功績を残しました。手仕事の重要性を訴え、日常の中に芸術を取り入れた「美しい暮らし」を提案。その活動(アーツ・アンド・クラフツ運動)を続けたウィリアム・モリスは、「モダンデザインの父」とも称されています。

モリスのデザインは、草や樹木、花など、自然をモチーフとしたものが多いのが特徴です。

繊細で美しいパターンに落ち着いた深い色合いは、シンプルで上品なのに華やかさもあり、他にはない絶妙なバランスが特徴。その美しいデザインが落とし込まれた壁紙やファブリック、陶器などはとても人気で、150年以上たった今でも、世界中で老若男女問わず愛され続けています。

日本でも各地で「ウィリアム・モリス展」が開催され、その人気の高さを物語っています。そんな世界的支持を集めるモリスデザインのアイテムが100円ショップで手に入るとあれば、ファンは黙ってはいません。

X(旧ツイッター)では「うっかり買ってしまった!」「モリスデザインが100円…強い!」「100円には見えない」「買いあさりました」といった投稿が数多く見られます。

100円ショップのモリス関連商品の中でも、特に人気の高い商品を次々と生み出しているのが、先に述べたライフスタイル雑貨メーカーamifaです。

amifaは紙をベースとしつつ、幅広いアイテムを扱っています。ラッピング、デザイン文具、キッチン雑貨など女性たちを魅了するうえに実用的な商品が目白押し。モリスシリーズの他にも「トワルドジュイ」や韓国インテリアテイストの雑貨など、目の肥えたオトナ女性の心をくすぐるアイテムが豊富です。

どんな商品があるの?おすすめを紹介

amifaのモリスシリーズは100円ショップのセリア、キャンドゥ、ワッツ(シルク・ミーツ含む)で購入することができます。文具をはじめ、キッチンアイテムやDIY・ハンドメイドにも使える雑貨など種類もさまざまです。

例えばサニタリーバッグ(12P)。ナプキンを入れておくのはもちろん、使い終わったナプキンを入れることも出来るので、普段使いはもちろん防災用としても。もちろん中身が透けない仕様で、匂い漏れも防いでくれるジッパー付きなので安心です。

おしゃれなデザインでもったいない気持ちにもなりそうですが、そのまま捨てられるのも衛生的でうれしいポイントです。

二つ目は万型封筒(5枚)です。定番の横型封筒ではなく万型なので、ちょっとしたお祝いなどを渡すときにとても便利。優しげで上品なデザインなので、結婚式の雰囲気にもぴったりです。

お車代やお礼を渡すときに使えば、花嫁さんの好感度も上がりそう。もちろん自分のお札を小分けしたいときにも使えます。

3つ目は不織布クールジェル(2P)。保冷剤でこのかわいさ?と驚いてしまう見た目で、夏場はそのまま人前でクールダウンに使ってもOK。暑い季節の弁当の保冷剤としてはもちろん、寒い季節でも暖房の影響で溶けやすいお菓子などを持ち運ぶときにも活躍します。

不織布なので水滴が付きにくく、機能性もばっちりです。

使い方いろいろ、おすすめ活用術

たくさんのアイテムがそろうamifaのモリスシリーズ。購入したアイテムをどのように活用するかを考えるのもまた心が踊ります。

例えば、カーテン生地を遣ってキッズエプロンなどの洋服を作ったり、クッションカバーからオリジナルのファブリックパネルを作ったり、などです。

ほかにもペーパーナプキンでトイレットペーパーを包装すれば、おしゃれなインテリア雑貨に早変わりです。

SNSをのぞいてみると、ラッピング商品であるスリーブボックスが、赤ちゃんのファーストシューズを保管するのにぴったりのサイズで人気のようです。

100円ショップのイメージをはるかに上回るamifaのモリスシリーズ。新商品の情報などは、amifaの公式サイトやインスタグラムで紹介されています。

(渡邊倫子)

元記事で読む
の記事をもっとみる