1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 3Wを打ちこなす!安定のコツは「肩」にあり!

3Wを打ちこなす!安定のコツは「肩」にあり!

  • 2024.2.27
  • 136 views

地面の上のボールを 長いクラブで打つのが苦手。 失敗すると大きなミスになってしまいそう……と、不安をもつアマチュアは多い。

残り180 ヤード以上の長い距離を FW・UT で自信をもって グリーンを狙えるヒントを ロングショットも得意な ツアープロがレッスン!

レベルターンのスイングになりミート率がよくなる

ロフト角が立っていて難しい3Wは、ついボールを高く上げようとして、インパクトで右肩が下がってしまう。打ちこなすには、この悪いクセを直すことが先決です。

まずはターゲットへの目線を低くして、低いライナーを打ってみてください。

最初はゴロになってもいいので、コンパクトに振り、フォローで低い目線を再現する。

すると右肩が下がらなくなり、当たりが徐々によくなる。これができたら通常の目線に戻す、という手順がオススメです。

最初はゴロでもOK! 目線を低くして低いライナーを打つ

3Wを打ちこなす!安定のコツは「肩」にあり!
構えるときに低い球をイメージしターゲットへの目線を低くする

目線を斜め下に向けて構える

3Wを打ちこなす!安定のコツは「肩」にあり!
右肩の位置が高くなり、肩のラインが水平に。左右の体重配分はほぼ均等になる
3Wを打ちこなす!安定のコツは「肩」にあり!
目線を高くすると右肩が下がり右足体重の構えになってしまう

すくい打ちのミスに注意

3Wを打ちこなす!安定のコツは「肩」にあり!
ボールを高く上げようとすると、右肩が下がり、すくい打ちのミスを招いてしまう

低いライナー性のボールが打てれば合格!

3Wを打ちこなす!安定のコツは「肩」にあり!
「球は上げない、上がらなくていい、と思って打つのが極意。この練習が3W攻略の第一歩です」(市原)

フォローで低い目線を再現する

3Wを打ちこなす!安定のコツは「肩」にあり!
目線を上げずにコンパクトに振れば、体がレベルに回転し、前傾角度が崩れない

いかがでしたか?プロの練習法を参考にして、目線を下げて低いライナーから練習してみましょう。

市原弘大
●いちはら・こうだい/1982年生まれ、東京都出身。171㎝、78㎏。18年の日本ゴルフツアー選手権で初優勝、同年のダンロップフェニックスも制し、賞金ランキング4位に。23年シーズンは、三井住友VISA太平洋マスターズ3位。フリー。

構成=小山俊正、鈴木康介
写真=田中宏幸、相田克己

元記事で読む
の記事をもっとみる