1. トップ
  2. レシピ
  3. 夜遅く食べても太らない?!夜遅い食事で守るべき3つのルール

夜遅く食べても太らない?!夜遅い食事で守るべき3つのルール

  • 2014.9.17
  • 1583 views

夜遅い食事は体脂肪になりやすいですが、食事のバランスと量に気をつければ極端に太ることはありません。食べる時間だけでなく他にも太る原因が隠されているはず。まずは深夜の食事パターンを見直してみましょう。

夜遅い食事に陥りやすい!太りやすい食べ方

夜遅いときの食事パターンで当てはまるものはありませんか?

コンビニでいつも決まってお弁当を買う

とりあえずインスタントラーメンを食べる

24時間営業の牛丼屋・カレーショップ・ラーメン屋などを利用する

1日の終わり・・・と気がゆるんで、つい満腹まで食べてしまう

菓子パン・甘いスイーツを食事代わりに食べる

夕食後は活動量が少ないので、ラーメン・丼ものなど炭水化物に偏った食事や、油っこいもの・甘いものはどうしても体脂肪になりやすくなります。遅くなってしまう場合は食べ過ぎに注意し、食べ方を工夫することが大切です。

夜遅く食べても太らない食べ方

野菜は多め・量は軽めの食事にする

麺類・丼ものはどうしても含まれる栄養素が炭水化物中心になりがち。また、揚げ物など脂質の多いおかずは、カロリーが高い上に消化に時間がかかるため、寝る直前にはあまりおすすめできません。夜遅いときのメニューを選ぶポイントは「より野菜が多いメニュー」。ゆっくりと噛んで食べれば、少ない量でも満腹感を感じることができますよ。

野菜と汁物を先に食べる

サラダ・おひたしなど、野菜のおかず・汁物から先に食べましょう。野菜に含まれる食物繊維が、糖分・脂肪分のカラダへの吸収を抑えてくれる効果が期待できます。また汁物はカラダを温め、満足感を与えてくれるので、食べすぎ防止にもなります。豚汁・けんちん汁・ミネストローネなど、野菜がたっぷり入った汁物がおすすめです。

あえて間食をしておく

あらかじめ遅くなることが分かっている場合は、あえて「間食」をしましょう。この「間食」は夕食の一部を先どりして食べるという意味です。たとえば、夕食のご飯の代わりに先におにぎりを食べておけば、空腹が和らぎ血糖値が安定するため、夜遅くに1食分食べるより太りにくくなります。

夜遅い食事のときはひと工夫して、太りにくい食事方法を実践してみてくださいね!

【執筆者】衞藤 敬子/管理栄養士コントラクトフードサービス大手(株)グリーンハウスに入社、社員食堂のメニュー提案や栄養指導業務を経て、2009年「あすけん」に参加。アドバイス作成やサービス開発に携わる傍ら、年間150件以上の栄養指導やプロアスリート選手の食事サポート、セミナーなどを実施。現在はフリーランスに転向し、幅広く活躍。

元記事で読む