1. トップ
  2. スキンケア
  3. ジンジャーラテの香りがたまらん【ボディケア・フレグランス部門】オトナミューズ2023下半期ベストコスメ

ジンジャーラテの香りがたまらん【ボディケア・フレグランス部門】オトナミューズ2023下半期ベストコスメ

  • 2024.2.17
  • 1466 views

アフターコロナ時代へと移行した2023年下半期。ビューティ界は、マスクオフした私たちにエネルギーを注ぎ込む革新的アイテムが発売ラッシュを極め、今期のベストコスメはいつにも増して熱く、そして、異常なほどのハイレベルに! 新しい年の新しい美の扉は、この頂点に上り詰めた輝かしきアイテムで開けて♡

【ボディケア・フレグランス部門】第3位 THREE エッセンシャルセンツ 00

9mL ¥5,060(THREE)

THREE初のフレグランスがスマッシュヒット。精油のみで香りを構成した新視点のオードトワレで、この00は石からインスパイアされたクリーンな清香。

【ボディケア・フレグランス部門】第2位 LAURA MERCIER セラム ボディクリーム ネロリ

200mL ¥10,340(ローラ メルシエ ジャパン)

スキンケア級のもっちりとした潤い感だけでなく、翌日まで続くふんわりと続くネロリの香りも受賞の大きな決め手に。しあわせなケアタイムへと誘う逸品。

【ボディケア・フレグランス部門】第1位 athletia スムース ボディ ミルク N 04

150mL ¥3,630(athletia)

香りも高得点の、もはや常勝のボディミルク

アスレティアのボディミルクが、上半期に続いてボディケア部門の覇者! さらりと伸びて後肌ふっくらという心地よい使用感や、ポンプ式の手軽さで、世代もジェンダーも超えてブレイクする中、新たに仲間入りしたジンジャーラテの香りがさらなる大評判。「まろやかなミルクっぽさを精油調合で再現することに苦労しました」(PR牧野 彩さん)とのこだわりが実を結んで、使うたびに甘く温かな別世界へとトリップ。「お風呂上がりにたっぷり塗って、ほっこり&スパイシーな芳香に包まれながらベッドに潜り込むのが幸せ。翌朝もふっくらスベスベが持続」(新田晃代さん)「ジンジャーラテをイメージしたスパイシーなのに甘い香りにほっこり。ローションのようにみずみずしく、秒で全身になじませられるところも好き」(堀江ちひろさん)「ベタベタしない、サラッとした心地よさが最高。ジンジャーのスパイシーな香りに、日々疲れをほぐしてもらっています」(編集H)

次回は【ヘアケア部門】の受賞コスメを発表します。お楽しみに!

photograph:KAZUTERU TAKAHASHI[KONDO STUDIO] text:AKIKO NISHIMURA

otona MUSE 2024年2月号より

元記事で読む
の記事をもっとみる