1. トップ
  2. グルメ
  3. 【三木市】築100年の古民家ギャラリー「ころは -うつわと道具と喫茶室-」で見つけるこだわり作家ものと喫茶時間

【三木市】築100年の古民家ギャラリー「ころは -うつわと道具と喫茶室-」で見つけるこだわり作家ものと喫茶時間

  • 2024.2.15
  • 5692 views

<三木発> かつて神戸の垂水駅近くにあったうつわとスパイスカレーの人気店「ころは」が、三木市へ移転。2023年夏に「ころは -うつわと道具と喫茶室-」としてリニューアルオープン! 垂水の頃から好きだったお店がさらに魅力的に生まれ変わったと、ワクワクして訪れました。

趣きのある築100年の古民家ギャラリー

海にほど近い垂水を出発、西神ニュータウンを抜け、緑豊かな三木市へと、のんびり下道ドライブ。小一時間といった程度でしょうか。あ、あれかな? 田園風景の中に、母屋と離れのある立派な古民家が見えました。ステキ!! 「ころは」に到着です。

ころは 外観
出典:リビング兵庫Web

大正時代に建てられたという、およそ築100年の古民家をリノベーションした新店舗。少し前まで実際に住まいとして使われていたそうです

広々ギャラリーでお気に入り作家作品に出合える!

「ころは」は日々の暮らしを彩るうつわと生活道具のお店です。たくさんの作家もののうつわを落ち着いた雰囲気の中でゆっくり見てもらいたいと、ギャラリーをメインにした新店舗は広々ゆったり。

ころは ギャラリー 常設
出典:リビング兵庫Web

広い和室ギャラリーはゆったりとした時間が流れています

和室の常設ギャラリーには靴を脱いであがります。広くゆったりと展示されているので、思う存分に作品を見たり選んだりできます。以前の垂水の店舗では、直接見ることができる作品の数はどうしても限られていたので、この広さと展示数は本当に嬉しいと感じました。 窓の外の田園風景と趣きのある古民家ギャラリーの雰囲気も、すばらしく合っているんです!

ころは 店内マップ
出典:リビング兵庫Web

とっても広くなりました

ころは 南方あゆみ氏 常設ギャラリー
出典:リビング兵庫Web

「ころは」店主ご夫妻の、主にギャラリーを担当している妻の南方あゆみさん。ご自身も陶芸家として作品を作っておられます。夫の南方浩二さんは主に飲食を担当

ころは 常設ギャラリー 南方あゆみ氏作品
出典:リビング兵庫Web

こちらが陶芸家・南方あゆみさんの作品。柔らかな白ベースに小さな動植物がポンと絵付けされた、やさしい雰囲気がステキです

毎月の展示会が楽しみ♪

毎月テーマを設けて企画される展示会にも注目です。常設ギャラリーの奥、渡り廊下の向こうの離れが展示会会場です。

ころは 企画展 渡り廊下
出典:リビング兵庫Web

中庭の奥の離れはイベントやライブラリースペース。この日は展示会が開催中

訪れた1月下旬は「ことのはじめのカップ展」が開催されていました。カップ、というテーマで9名の作家さんの個性的な作品をゆっくり手に取って見比べて、とても楽しかったです。悩みに悩んで1つ選び、今年初の新しいコーヒーカップを迎えることができました。

ころは 企画展 イベントギャラリー 離れ
出典:リビング兵庫Web

離れも広くて落ち着いた空間

今月は「ころはの暮らしの道具展」が2月25日(日)まで開催されています。日本で昔から手作業で作られ、日常生活で使われてきたさまざまな道具がテーマです。昔ながらの道具に新たな発見があるかもしれませんね! 来月は3月9日(土)~17日(日)に「陶器あ⇔ん・すみれ窯 二人展」が予定されています。最新情報はSNSなどでのお知らせを要チェックです♪

ころは 常設ギャラリー 暮らしの道具
出典:リビング兵庫Web

暮らしの道具は常設ギャラリーにも置かれています。今月の展示会とあわせて見てみてください

三木の恵みいっぱい!人気のスパイスカレーもバージョンアップ

「ころは」は喫茶室を併設した古民家ギャラリー。カフェではなく、あえて「喫茶室」としているそうです。古民家ならではの落ち着いた雰囲気のなか、作家もののうつわで喫茶メニューをいただけます。

ころは 喫茶室
出典:リビング兵庫Web

飲食スペースも広くなりました!それでも混むことも多いそう。席は1カ月先まで予約が可能です

垂水では、夫の南方浩二さんがこだわり抜いて作ったスパイスカレーのお店として大人気だった「ころは」。三木に移転してきて、地域で作られる新鮮なお野菜をふんだんに取り入れ、さらにバージョンアップしています!

ころは ころはのキーマカレー
出典:リビング兵庫Web

お野菜も挽肉もたっぷり!「ころはのキーマカレー(1200円)」はスパイスの風味豊かです。ミニラッシー付き(+100円)

いただいたのは「ころはのキーマカレー」(1200円)。私は辛いのが少し苦手なので「マイルド」をオーダー。刺激的というよりも、立体的で豊かなスパイス風味を穏やかに楽しみました。辛いカレーがお好みなら「スパイシー」を、もしくはもっと辛い「ころはのキーマカレー RED」(1250円)もありますよ。 挽肉の食感しっかりで食べ応えがあります。たくさんのトッピングでいろいろな食感と味の組み合わせを楽しめます。お野菜の味が濃い! 三木の野菜がおいしいので、シンプルな調理と調味で素材の味を最大に生かしているそうです。

ころは スコーン テイクアウト レジ横
出典:リビング兵庫Web

毎日焼いているスコーンも人気。コーヒーは、移転をきっかけに出合った神戸市北区「The Sowers(ソワーズ)」による、ころはオリジナルブレンド

ころは 喫茶メニュー 取材時メニュー
出典:リビング兵庫Web

取材した1月末時点のメニュー

カレー以外の軽食やデザートも、少しずつ増やしていくそうです。まずはホットドッグを開発中とのこと(2月7日にメニューに加わりました。単品900円・セット1200円)。今後も楽しみです!

ころは 常設ギャラリー 食品 ころはオリジナルスパイス
出典:リビング兵庫Web

ころはのオリジナルカレースパイスやドリップコーヒーは販売も

大切なものを見つけられる古民家ギャラリー

のどかな風景の中にあるどこか懐かしい古民家ギャラリー「ころは -うつわと道具と喫茶室-」は、日常から少し離れた空気感に包まれながらも、日常を彩る大切なものや時間が見つけられるお店です。皆さんも一度、と言わず、四季を通して何度でも、三木市のお店を訪れてみてください。

ころは 遠景
出典:リビング兵庫Web

山々や田畑に囲まれ、四季折々を感じながら過ごせる素敵なお店です

ころは -うつわと道具と喫茶室- 住所:兵庫県三木市口吉川町大島55 (中国自動車道吉川ICより車約11分、または山陽自動車道三木東ICより約17分/駐車場10台分有り) 電話番号: 0794-88-1010 営業時間: 11:00~16:30 定休日: 月・火曜 https://www.instagram.com/koroha.ceramics/

元記事で読む
の記事をもっとみる