1. トップ
  2. お仕事
  3. 【千葉県柏市】若者の“望まない孤独”を防ぐ第三の居場所「ふらっぽ北柏」の利用者数が100名突破

【千葉県柏市】若者の“望まない孤独”を防ぐ第三の居場所「ふらっぽ北柏」の利用者数が100名突破

  • 2024.2.13
  • 131 views

キャリアbaseが若者の“望まない孤独”を防ぐために2023年4月に開設した居場所「ふらっぽ北柏」の利用者数が、100名を突破した。

いつでも気軽に“ふらっと”立ち寄れる第三の居場所

「ふらっぽ北柏」は、『いつでも気軽に“ふらっと”立ち寄れる、第三の居場所』をコンセプトに開設。他の学校の生徒・地域の人々・他団体のスタッフ等との交流の場ともなり、子どもたちが安心してさまざまな人と繋がることができる場所を目指している。

キャリアbaseがガイダンスや個別就労支援を行っている高校とも連携を図り、柏近隣の中高生だけでなく、通信制高校の生徒にも幅広く活用してもらえるよう取り組んでいる。

通信制に通う高校生の現状

通信制高校に通う生徒は全国で20万人を超えているが、約76,000人の卒業生のうち、3割にあたる24,000人以上が“進路未決定のまま”卒業していくといわれている。通信制高校の生徒たちは「学校に通う」という機会が少なく、居住地も各地に点在している。そのため明確な居場所をつくりにくく、結果的に、学校や友達との関係性が強くならないまま卒業を迎えてしまうケースが多くある。そのような状況下で“進路未決定のまま”卒業を迎える生徒たちは、卒業後さらに社会的孤立を深めてしまうそうだ。

こういった状況を解決していくためにも、キャリアbaseでは、高校在学中から卒業後までいつでも自由に立ち寄れる場所として、「ふらっぽ北柏」「ふらっぽオンライン」というリアル・バーチャルの二軸で居場所を提供している。

高校現場と連携することで利用者数が増加

「ふらっぽ北柏」では、子どもたちが気軽に訪れることができるよう、開設後からさまざまなイベントを実施してきた。直近ではクリスマス会やお正月の書初め大会など、季節に合わせたイベントを開催している。

「ふらっぽ北柏」の特徴の1つは、居場所に来る高校生の多くがキャリアbaseと連携している高校の生徒であること。高校の先生からの紹介や校内に貼られている告知資料を見て「ふらっぽ北柏」の存在を知り、居場所に訪れるケースがほとんどで、時には高校の先生も一緒に「ふらっぽ北柏」へ来ることもあるそうだ。高校によっては、「ふらっぽ北柏」に来ることが「単位として認められる」という事例もあり、卒業後のネットワークをつくるための重要な課外授業として認められている。

また、バーチャル上での居場所空間「ふらっぽオンライン」では、オンラインで最初の接点を持った高校生が、後に「ふらっぽ北柏」に訪れるケースもうまれた。通信制高校の場合は生徒が広範囲にわたって在籍しており、三重県や群馬県の高校生が「ふらっぽ北柏」に訪れ、就職や進路に関する相談をした事例もあるという。

子どもたちをサポートする大人も学べる居場所に

「ふらっぽ北柏」では、子どもたちにとっての居場所であると同時に、子どもたちをサポートする大人にとっても学びを得られる居場所を目指して、さまざまな取り組みを行ってきた。開設からこれまでの間に、大人向けのワークショップ「おとなふらっぽ」も2回開催。高校の教職員やファミリーホームを運営する人、キャリアコンサルタント、企業の人など、さまざまな職種の人が参加し、セミナーやワークショップを通じて子どもたちと関わるうえですぐに実践できるポイントも共有した。

今後の展望

2月21日(水)13:00~15:00には、グロービス経営大学院の教員・企業向けパーソナルコーチの領域でも活躍している中村直太氏を講師として招き、「第3回おとなふらっぽ~自分で自分を導くセルフリーダーシップ~」を開催予定。参加費は無料。定員は15名で、下記URLにて申し込みを受け付けている。

利用者数も着実に増加し、子どもたちをサポートする大人にも学びを提供する居場所としてさまざまな取り組みを実施する「ふらっぽ北柏」に注目だ。

■ふらっぽ北柏 住所:千葉県柏市松葉町2-15-13 クキタビル2階 利用料:不要 その他:夕食提供(希望者のみ) 第3回おとなふらっぽ申込:https://career-base.jp/blog/furappo/p6231/

キャリアbase公式サイト:https://career-base.jp/

(角谷良平)

元記事で読む
の記事をもっとみる