1. トップ
  2. 【MLBア・リーグ】かつて大谷も所属した人気リーグをご紹介!元大統領のオバマ氏が任期中にファンだと公言した球団とは!?

【MLBア・リーグ】かつて大谷も所属した人気リーグをご紹介!元大統領のオバマ氏が任期中にファンだと公言した球団とは!?

  • 2024.3.28
  • 4655 views
undefined
写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ

ア・リーグは、アメリカンリーグの略称で1901年1月28日に開始されたMLB屈指の人気リーグです。

NPBよりも3チーム多い15チームがア・リーグに所属しており、東地区・中地区・西地区に5チームずつ分けられています。1973年以降には指名打者制が採用されるなど、NPBのルール改正にも影響を与えてきました。ある球団は、リーグ優勝40回、ワールドシリーズ制覇27回とダントツ1位で圧倒しており、その他の14チームが後を追う状況です。

そんな群雄割拠のア・リーグ15球団の中で「2024年に栄冠を手にするチーム」はどこなのか?

ア・リーグ全15球団の歴史や特徴、2024年の注目選手について詳しく紹介します。


▼東地区

MLB屈指の名門「ニューヨーク・ヤンキース」

ニューヨーク・ヤンキースは、ア・リーグ東地区に本拠地を構える1901年に創設されたチームです。ベーブ・ルース選手、ルー・ゲーリッグ選手、ジョー・ディマジオ選手、デレク・ジーター選手、アレックス・ロドリゲス選手、松井秀喜選手など、数々のスター選手を輩出しています。ワールドシリーズ制覇27回、リーグ優勝40回、地区優勝20回とMLB屈指の名門球団。

2020年にヒューストン・アストロズから移籍して3年連続2桁勝利を挙げているゲリット・コール投手や、2022年に62本塁打を記録してホームラン王と打点王を獲得したアーロン・ジャッジ選手を中心に優勝争いをすることを期待です。

ヤンキースのライバル「ボストン・レッドソックス」 ※吉田正尚選手所属

ボストン・レッドソックスは、ア・リーグ東地区に本拠地を構える1901年に創設されたチームです。ヤンキースでも活躍したベーブ・ルース選手、ボビー・ドーア選手、テッド・ウィリアムズ選手など、MLBに名を残す名プレーヤーが誕生しています。ワールドシリーズ9回、リーグ優勝14回、地区優勝10回とヤンキースのライバルチームとして君臨。

2023年に28試合に登板して12勝と自身初の2桁勝利を挙げたブライアン・ベイオ投手や、オリックス・バファローズから移籍して1年目から打率.289、本塁打15本、打点72と活躍を見せた吉田正尚選手を中心に優勝争いに食い込みたいところです。

MLBで唯一国外に本拠地を構える「トロント・ブルージェイズ」 ※菊池雄星選手所属

トロント・ブルージェイズは、ア・リーグ東地区に本拠地を構える1977年に創設されたチームです。MLBで唯一アメリカ国外のカナダに本拠地がある球団として親しまれています。A.J.バーネット選手、トロイ・グロース選手、ホセ・バティスタ選手、ホセ・レイエス選手などの名プレイヤーも活躍しました。ワールドシリーズ2回、リーグ優勝2回、地区優勝2回を記録。

2023年に11勝とMLBに移籍して初の2桁勝利をマークした菊池雄星投手や、2021年に48本塁打を記録して自身初のホームラン王を獲得したブラディミール・ゲレーロ・ジュニア選手を軸として1993年以来のワールドシリーズ制覇を虎視眈々と狙っています。

チームワークがトップレベル「ボルティモア・オリオールズ」

ボルティモア・オリオールズは、ア・リーグ東地区に本拠地を構える1901年に創設されたチームです。カル・リプケン選手、アダム・ジョーンズ選手、ラファエル・パルメイロ選手などの名プレイヤーを輩出。ワールドシリーズ優勝3回、リーグ優勝7回、地区優勝10回とチームワークに定評のある球団です。

2023年シーズン13勝と自身初の2桁勝利を挙げたディーン・クレーマー投手や、2022年にMLBデビューを果たし2023年には20本塁打を記録したアドリー・ラッチマン捕手を中心に1983年以来のワールドシリーズ制覇を狙います。

初のワールドシリーズ制覇を目指す「タンパベイ・レイズ」

タンパベイ・レイズは、ア・リーグ東地区に本拠地を構える1998年に創設された歴史の浅いチームです。球団名が「デビルレイズ」の時期から徐々に力を付けて、カール・クロフォード選手、ロッコ・バルデッリ選手、B.J.アップトン選手、デルモン・ヤング選手、エバン・ロンゴリア選手の活躍もあり躍進を続けてきました。リーグ優勝2回、地区優勝4回でワールドシリーズ優勝はありません。

フィラデルフィア・フィリーズから移籍して1年目から16勝と最多勝利のタイトルを受賞したザック・エフリン投手や、WBCメキシコ代表として日本代表の前に立ちはだかり2023年シーズンに自己最多の23本塁打を放ったランディ・アロサレーナ選手を軸に創設以来初のワールドシリーズ制覇を狙っています。


▼中地区

1948年以来の優勝に期待「クリーブランド・ガーディアンズ」

クリーブランド・ガーディアンズは、ア・リーグ中地区に本拠地を構える1901年に創設されたチームです。1915年〜2021年までは、とんねるず・石橋貴明氏も出演した映画「メジャーリーグ」でも知られるクリーブランド・インディアンスとして活動していました。マニー・ラミレス選手、ジム・トーミ選手、グレイディ・サイズモア選手、トラビス・ハフナー選手、CC・サバシア選手などのスター選手を輩出。ワールドシリーズ2回、リーグ優勝6回、地区優勝11回を誇ります。

2023年にMLBデビューを果たして10勝の2桁勝利を挙げたタナー・バイビー投手や、"ベイビー・イチロー"の異名を持ち巧みなバットコントロールでヒットを量産するスティーブン・クワン選手などを中心に1948年以来のワールドシリーズ制覇を目指します。

バラク・オバマ氏のお気に入り「シカゴ・ホワイトソックス」

シカゴ・ホワイトソックスは、ア・リーグ中地区に本拠地を構える1900年に創設されたチームです。フランク・トーマス選手、ジャック・マクダウエル選手、ポール・コネルコ選手、マグリオ・オルドニェス選手、カルロス・リー選手といった名プレーヤーを輩出。ワールドシリーズ3回、リーグ優勝6回、地区優勝6回を記録。

2023年にKBOのNCダイノスに移籍をして20勝で最多勝・最優秀防御率・最多奪三振・MVPのタイトルを総なめにしたエリック・フェッド投手や、2023年シーズンに自己最多の38本塁打を放ったルイス・ロベルト・ジュニア選手を中心に2005年以来のワールドシリーズ制覇を狙います。

また、本チームはバラク・オバマ氏がアメリカ合衆国第44代大統領として任期中に、自らがシカゴ・ホワイトソックスのファンであることを公言したことはあまりにも有名な話です。アメリカでは、大統領在任中に特定のチームを支持することは一般的にタブーとされるため、これは非常に異例な行為でしたが、それほど愛着が湧く球団ということでもあります。

 9年ぶりのワールドシリーズ制覇なるか「カンザスシティ・ロイヤルズ」

カンザスシティ・ロイヤルズは、ア・リーグ中地区に本拠地を構える1969年に創設されたチームです。ジョージ・ブレット選手、ジョニー・デイモン選手、ジャーメイン・ダイ選手、カルロス・ベルトラン選手、ザック・グレインキー投手などの名プレーヤーが育ちました。ワールドシリーズ2回、リーグ優勝4回、地区優勝7回を記録。

1985年のワールドシリーズ制覇後、低迷が続いていましたが、2014年に青木宣親選手が加入すると状況は一変し、勝利の連鎖を生み出しました。その年、ワイルドカードでのプレーオフ進出が決まりましたが、ワイルドカードゲームでのアスレチックス戦での勝利が勢いを加速させました。そして、ついにワールドシリーズに進出し、サンフランシスコ・ジャイアンツ戦では苦戦しましたが、翌2015年には再びワールドシリーズに進出し、メッツを破り、2度目の栄冠を勝ち取りました。日本人選手の獲得により、チームが一気に勢いづいたとも言える異例の球団です。

2023年シーズン途中にアロルディス・チャップマン投手とのトレードで加入して7勝を挙げたコール・レイガンズ投手や、2022年にロイヤルズに入団をして2023年に30本塁打を記録したボビー・ウィット・ジュニア選手を軸に2015年以来のワールドシリーズ制覇を目指します。

マイナス10度の極寒地区「ミネソタ・ツインズ」

ミネソタ・ツインズは、ア・リーグ中地区に本拠地を構える1901年に創設されたチームです。2010年に開場した比較的新しい球場であるターゲット・フィールドは、ミネソタ州では冬場に最低気温がマイナス10度を下回ることも珍しくありませんが、球場では全面天然芝を使用しているというこだわりが特徴。

ロッド・カルー選手、カービー・パケット選手、ケント・ハーベック選手、ヨハン・サンタナ投手、トリー・ハンター選手などの数多くのスター選手を輩出しました。ワールドシリーズ3回、リーグ優勝6回、地区優勝13回を記録。

2023年にマイアミ・マーリンズからツインズに加入して11勝を挙げたパブロ・ロペス投手や、2023年シーズンで109試合に出場して16本塁打を放ったエドゥアルド・ジュリエン選手を中心に1991年以来のワールドシリーズ制覇を狙います。

130年変わらない伝統「デトロイト・タイガース」 ※前田健太選手所属

デトロイト・タイガースは、ア・リーグ中地区に本拠地を構える1894年に創設されたチームです。1894年の創設以来チーム名が変更されていない唯一の球団で、本拠地も1度も変更されていません。タイ・カッブ選手、ミッキー・カクレーン選手、ハンク・グリーンバーグ選手、イバン・ロドリゲス選手、ミゲル・カブレラ選手などの名プレーヤーを数多く生み出しています。ワールドシリーズ優勝4回、リーグ優勝11回、地区優勝7回を記録。

2023年は6勝を挙げてツインズから移籍してきた前田健太投手や、2023年8月にMLBデビューを果たし3本塁打を記録したパーカー・メドウズ選手など、若手メンバーを中心に1984年以来のワールドシリーズ制覇を目指します。


▼西地区

無名球団からリーグ強豪へ「テキサス・レンジャーズ」

テキサス・レンジャーズは、ア・リーグ西地区に本拠地を構える1961年に創設されたチームです。ノーラン・ライアン投手、アレックス・ロドリゲス選手、ジョシュ・ハミルトン選手、イバン・ロドリゲス選手などMLB史に残る名プレーヤーを数多く輩出しています。ワールドシリーズ優勝1回、リーグ優勝3回、地区優勝7回を記録。

2010年に伝説の投手、ノーラン・ライアンが球団共同CEOに就任し、彼の指導のもと、チームは数年で大きな変革を遂げました。その後、地区優勝争いに関わる強豪チームへと急速に成長し、2010年にはリーグ優勝を果たし、ワールドシリーズに進出しました。ワールドシリーズの優勝はなりませんでしたが、この偉業によってチームの評価は大きく向上しました。翌2011年もワールドシリーズに進出し、チームの成長はますます加速。

2023年に12勝を挙げたデーン・ダニング投手や、2022年と2023年に2年連続で33本塁打を放ったコーリー・シーガー選手などを軸に2年連続のワールドシリーズ制覇を狙っています。

大谷の古巣「ロサンゼルス・エンゼルス」

ロサンゼルス・エンゼルスは、ア・リーグ西地区に本拠地を構える1961年に創設されたチームです。チーム名は3度の変更を経て、2016年から創設当時の「ロサンゼルス・エンゼルス」に改称されました。ノーラン・ライアン投手、サンディー・コーファックス投手、レジー・ジャクソン選手、トロイ・グロース選手など、数々の名プレーヤーを輩出しています。ワールドシリーズ優勝1回、リーグ優勝1回、地区優勝9回を記録。

2023年のWBCで日本代表を苦しめたパトリック・サンドバル投手や、エンゼルス屈指のスーパースターであるマイク・トラウト選手を中心に大谷翔平選手の抜けた穴を埋めたいところです。

リーグ史上最多勝利を保持「シアトル・マリナーズ」

シアトル・マリナーズは、ア・リーグ西地区に本拠地を構える1977年に創設されたチームです。2001年には、イチロー選手を中心に、ア・リーグ史上最多勝利およびMLB最多勝利タイ記録の116勝を挙げて、現在でも記録が破られていません。ケン・グリフィー・ジュニア選手、ランディ・ジョンソン投手、エドガー・マルティネス選手、イチロー選手など、数多くのスター選手を輩出。地区優勝3回のみでリーグ優勝とワールドシリーズ進出を果たしたことがありません。

2023年に33試合に登板をして14勝をマークしたルイス・カスティーヨ投手や、2年目のシーズンながら自己最多の32本塁打を放ったフリオ・ロドリゲス選手を軸に初のリーグ優勝とワールドシリーズ制覇を目指しています。

投手王国「オークランド・アスレチックス」

オークランド・アスレチックスはア・リーグ西地区に本拠地を構える1901年に創設されたチームです。1893年にフィラデルフィアで発足して1901年のア・リーグ発足以来、所属しつづけています。ティム・ハドソン投手、バリー・ジト投手、マーク・マルダー投手、マット・チャップマン投手、マット・オルソン選手、クリス・バシット投手などの名プレーヤーを輩出。ワールドシリーズ優勝9回、リーグ優勝15回、地区優勝17回の名門です。

1年間ローテーションを守り続け5勝をマークしたJP・シアーズ投手や、2023年に自己最多の22本塁打を記録したシェイ・ランゲリアーズ捕手を中心に人気と実力共に復活を期待します。

投打に充実の戦力を有する「ヒューストン・アストロズ」

ヒューストン・アストロズはア・リーグ西地区に本拠地を構える1962年に創設されたチームです。チームが設立された後は低迷が続いていたものの、近年は力を付けて常勝軍団としてア・リーグ屈指の強豪チームに成長しました。ノーラン・ライアン投手、ドン・サットン投手、ジェフ・バグウェル選手、ロジャー・クレメンス投手、アンディ・ペティット投手など、数多くの名プレイヤーが所属。ワールドシリーズ優勝2回、リーグ優勝5回、地区優勝12回の強豪チームです。

2023年のシーズン途中にニューヨーク・メッツから古巣に復帰し7勝をマークしたベテランのジャスティン・バーランダー投手や、2023年に31本塁打を放ち3年連続で30本塁打以上を記録しているヨルダン・アルバレス選手などを中心に2022年以来のワールドシリーズ制覇を狙います。


本記事の情報は3月26日時点のものです。

の記事をもっとみる