1. トップ
  2. 心理・占い
  3. 「何に見える?」あなたは“頼りになる人か”がわかる心理テスト

「何に見える?」あなたは“頼りになる人か”がわかる心理テスト

  • 2024.4.21
  • 50323 views
undefined

誰しも困った時には、誰かに頼りたくなるのではないでしょうか。あと一歩手が届かなかったり、背中を押してもらいたい時など、苦しいからこそ人に頼りたくなります。あなたが人を頼りにしたくなるように、他の人もあなたを頼りにしているのではないでしょうか。そこで今回は、あなたは“頼りになる人か”を心理テストで探ってみましょう。

図形が何に見えますか?直感でお答えください。



1.水溜まり

2.絵の具

3.鏡

4.盾



1.水溜まりに見えた人は「やや頼りになる人」

図形が水溜まりに見えた人は、やや頼りになる人かもしれません。自分のやりたいことや頑張ることにとても熱心な人ではないでしょうか。好きなことや特定の分野に研鑽を積むため、その分野については頼りやすいかもしれません。

図形が水溜まりに見えたことは、好きなことに熱中しているところが表れています。自分のやりたいことに熱中しており、それについて聞かれたり頼られたりすると嬉しくなるのではないでしょうか。一方で専門外や興味のないことにはあまり意欲が湧かないため、頼ってほしくないかもしれません。

あなたの興味関心の有無によって、頼りになる人かどうかが変わってくるかもしれません。やる気や熱意があるからこそ、自分の興味のないところにも興味を示せると、もっと結果がついてきそうです。周りに目を配ることで、あなたはもっと頼りになると思われるのではないでしょうか。

2.絵の具に見えた人は「あまり頼りにならない人」

図形が絵の具に見えた人は、あまり頼りにならない人かもしれません。頼まれると嫌といえず、何でもかんでも背負い込んでしまうのではないでしょうか。自分の容量を超えて頑張りすぎてしまい、上手くいかなかったり、他の人も巻き込んでしまうのかもしれません。

図形が絵の具に見えたことは、人の評価を気にするところが表れています。「せっかく頼ってくれたんだから」「断って自分がダメだと思われたらどうしよう」、といった心配をしてしまい、無理をしているかもしれません。頼りにされて嬉しい気持ちに人一倍応えたいところもあるのかもしれません。

頼った方からすれば応えようとする気持ちだけではなく、結果を出して欲しい気持ちが強いでしょう。安請け合いが多くなると、あまり頼りにならない人と思われてしまうのではないでしょうか。自分にできる範囲でお手伝いをすることで、心強く安心できる人と思われるかもしれません。

3.鏡に見えた人は「頼りになる人」

図形が鏡に見えた人は、頼りになる人かもしれません。周りから相談されることや頼られることが多く、あなた自身もそれを自覚しているのではないでしょうか。周りがよく見えているので、頼られる前に困っている人に声掛けをするため、頼りになることが多いのかもしれません。

図形が鏡に見えたことは、視野の広さが表れています。自分のことや周りのことがよく見えているので、無理せず人の助けになることができたり、他の人よりも吸収力が高いのではないでしょうか。行動力があるだけではなく、思いやりがあって責任感も強いのかもしれません。

周りの人はあなたがいるだけで安心感を覚えるかもしれません。実際に頼りになるだけではなく、何もなくてもよい相談役になっているのではないでしょうか。時には全て助けるのではなく、相手の成長を見越した対応もできる人でしょう。

4.盾に見えた人は「頼りにならない人」

図形が盾に見えた人は、頼りにならない人かもしれません。自分に自信が持てず、いつも人を頼ったり判断を仰ぐことが多いのではないでしょうか。あなたが人を頼りにすることが多いため、周りはあなたを頼りにすることは少ないかもしれません。

図形が盾に見えたことは、繊細な自己が表れています。失敗や過ちを他の人よりも恐れ、人に頼りすぎてしまうところがあるかもしれません。自分の責任になることを避け、優柔不断になっているのではないでしょうか。

自分に自信がないことで、人を頼りにしやすい人かもしれません。簡単に自信を持つことは難しいですが、頼って上手くいったことを他の人にも還元してみるとよいのではないでしょうか。 人に支援してもらったことを参考にしてあなたも人を支援できれば、もっと頼りになる人と思われるかもしれません。



ライター:Kazuki.W
臨床心理士、公認心理師として、みなさんの心の内側を紹介していきます。自分自身が気がついていない心の中を見ていきましょう!