オンとオフで居住地をわける デュアルライフをはじめるには?

仕事とプライベートで居住地をわける生活スタイル「デュアルライフ」。ウィークデーは都心で仕事をして、休日はのどかな風景が広がる田舎暮らしを満喫できます。

© mashiki - Fotolia.com

心のスイッチのオンとオフを使いわけるため、また豊かな人生を生きることをテーマにするために、デュアルライフを楽しむ人が増えています。無理なくデュアルライフを送るにはどうすればよいのでしょうか?

■デュアルライフのメリット

結婚や子どもの誕生など、人生の分岐点は今後の生活を見直すチャンスです。デュアルライフは、実り多い人生を歩むための選択肢のひとつ。ぜひ、可能性を模索してみましょう。

デュアルライフの魅力は、なんといってもメリハリのある生活がかなうこと。たとえば、オフは農業体験やアウトドア、海で遊ぶなど、好きなことができます。活動を通じて人との交流も活発になるでしょう。オフを充実させることで、仕事への活力が高まるはずです。

■スケジュール調整をしっかりと

心にゆとりをもたらしてくれるデュアルライフ。ただし、快適な二域居住を実現するためには、仕事や所用をオフに持ちこまないよう意識することが大切です。

仕事や所用は計画的に終わらせる努力をしましょう。仕事が残ってしまった場合は、新幹線などの移動中を有効活用して、オフを確保するのがオススメです。

■コストを考える

デュアルライフをはじめるにあたり、考えるべき点は毎月のコストです。月々の家賃や生活費はどのくらい必要なのかを考えましょう。

拠点をつくるには、頭金や礼金、敷金に家具などのイニシャルコストも必要です。ほかにもかかる費用を考えればキリがありません。

一方、必要な日数だけ借りる方法もあります。たとえば、ウイークリーマンションや個人の空き部屋に泊まるという方法です。

ウイークリーマンションは大抵の場合、長期宿泊割引があります。部屋に家具やアメニティつきという物件も珍しくありません。それでいて、家賃と比べれば格安。情報は空き部屋検索サイトなとで調べられます。

■将来を見据えた人生設計

人生の最終目標は田舎への移住、という人もいるでしょう。また、子どもはのびのびとした環境で育てたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし、家族の同意が得られない限り、移住は現実的ではありません。家族にちがう生活を体験させて、移住を理解してもらうために、デュアルライフを活用するという人もいます。

過疎化に悩む地方自治体では、地域活性化を目指し、空き家を低価格で提供したり、仕事を支援してくれる取りくみもおこなっています。企業でもその動きは活発化していて、移住支援金の援助や家賃を負担するような流れもできつつあるようです。

コミュニティを形成するため、地方の取りくみは、この先ますます高まる可能性もあります。そう考えると、デュアルライフは将来、定番化するのかもしれません。

(EKKO)

元記事を読む
提供元: ウーマンエキサイトの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理