1. トップ
  2. グルメ
  3. レトロな名建築で見つけたチョコレート専門店に夜景を楽しめるカフェ、北浜のおすすめスポット巡り

レトロな名建築で見つけたチョコレート専門店に夜景を楽しめるカフェ、北浜のおすすめスポット巡り

  • 2024.1.20
  • 4940 views

大阪を代表するビジネス街・北浜。証券取引所などの金融機関が立ち並び、さっそうとしたイメージがありますよね。一方で、10年ほど前から土佐堀沿いにおしゃれなカフェやショップが増えているのをご存じですか?

今回は、FM802 DJ・板東さえかさんと読売テレビアナウンサーの西尾桃さんが北浜のおすすめスポットを紹介します。

( Index )

  1. 北浜ってどんな街?
  2. 1:まるで宝石!昭和2年築のレトロビルで見つけた「Tikal by Broadhurst's」のチョコレート
  3. 2:川辺の夜景が楽しめる「MOTO COFFEE」

北浜ってどんな街?

北浜といえば、江戸時代末期に蘭学者・緒方洪庵が開いた蘭学の私塾「適塾」に、「高麗橋野村ビルディング」や「生駒ビルヂング」などの1920~1930年代に建てられた近代建築も多く残っていることでも有名です。

現代ではなかなかお見かけしない凝ったデザインも必見です。

1:まるで宝石!昭和2年築のレトロビルで見つけた「Tikal by Broadhurst's」のチョコレート

昭和2年に建てられた「芝川ビル」は、ひときわ目を引くレトロビルのひとつ。見てのとおり、外観は当時のままの姿で残されています。装飾ひとつ取っても、精巧な意匠に目を奪われますね♪

今回は「芝川ビル」1階にあるショコラティエ「Tikal by Broadhurst's」を訪れてみることに。

ここは、イギリスのエッセンスが散りばめられたチョコレート専門店。

ショーケースには、まるで宝石のようなチョコレートが! かわいいチョコレートからデコラティブなデザインまで、心ときめくラインナップ。

「手に取る人にワクワクしてもらいたい」と、1つ1つ心を込めて全て手作りで作っているそうです。お土産にもぴったりですし、自分へのご褒美にもいいですね♡

「Chambord」470円

一番人気は、「Chambord(シャンボール)」。リキュールに漬け込んだクランベリーが味のアクセントになっています。上質なチョコレートであることが見た目からでも伝わってきます。

オーナー・ショコラティエの、あつ子 ブロードハストさんも「芝川ビル」に魅了されて、このビルでお店を始めたひとり。

経年変化していく様子が「すごく愛おしい。100年、残ってきてよかったなと思います」とあつ子さん。長い年月を経た今もなお、多くの人に愛される近代建築なんですね。

Tikal by Broadhurst's

住所:大阪府大阪市中央区伏見町3丁目3-3 芝川ビル1階

2:川辺の夜景が楽しめる「MOTO COFFEE」

続いて訪れたのは、土佐堀川沿いにある「MOTO COFFEE」。

日中も、人々が集う都会のオアシスですが、夜にはまた違った顔を見せてくれます。

「CITY ROAST」550円

テラス席から眺める、ビジネス街の夜景は必見! ホットドリンクでほっこりしながら、じんわり癒やされてみてはいかがでしょうか。

MOTO COFFEEモトコーヒー

住所:大阪府大阪市中央区北浜2-1-1

アーバンで活気のある空気と、古き良き時代の街並み。そして、水辺の癒やしも享受できる街・北浜。仕事帰りはもちろん、オフの日もふらっとお散歩に出かけてみるときっと楽しい出合いが待っていますよ。


※この記事は2024年1月10日(水)・2024年1月14日(日)放送時点の情報です。最新の情報は各店舗にお問い合わせください。

元記事で読む
の記事をもっとみる