1. トップ
  2. ネイル
  3. 突然のお通夜…ネイルをしていてもマナー違反にならない爪の対処法とは?!

突然のお通夜…ネイルをしていてもマナー違反にならない爪の対処法とは?!

  • 2016.1.26
  • 7095 views

訃報は突然訪れますよね。ネイルは何もしていないに越したことはありませんが、最近ではジェルネイルのため明日までにオフできない、どうしよう…なんて事も。そんなとき、どうすればマナー違反にならないのでしょうか?

急な訃報の場合どうしたら?

【イットネイル】急に親戚、知人などのお通夜に参列しなければならなくなることがありますよね?ネイルサロンに行ったばかりで綺麗にお手入れされた爪だとしても、キラキラの状態で葬儀に出席するのはちょっと…。そんなときはどうしたら良いでしょうか?できればオフしたくない、もしくは時間がなくてオフしに行けない場合もありますよね。そんな時の対処法を幾つかご紹介したいと思います。

簡単な方法は黒の手袋をはめてネイルを隠してしまうという方法です。ただし、手袋の着用には注意が必要。日本の葬儀の場合、お焼香で手袋を外さないのは好まれないようですが、あまりにも派手なネイルの場合は、付けたままの方が良いかもしれません。キリスト教の献花も手袋を付けたままでも構いませんし、警察庁の制服での焼香時も白い手袋ですが外さないままでの焼香と定められています。シンプルなネイルでキラキラしていない場合は外して、スワロフスキーなどふんだんについている華やかなネイルの場合は隠しておいた方が良さそうです。

黒い手袋をはめる

上からシンプルカラーのポリッシュを塗る

ベージュやピーチカラーのポリッシュを塗ってしまうという方法も。マット系のカラーを使えばある程度のデザインは隠れますし、ストーンなどの装飾で多少のボコボコしてしまうのは遠目で見れば気にならない程度なのでそのままの派手なジェルネイルで行くより良いでしょう。濃いめのジェルネイルでカラーが透けてしまう!という場合は、数回重ね塗りしても良いのですが、マットなホワイトを下地にカラーを重ねてあげると綺麗にかくれますよ♡ポリッシュを塗る際最初にトップコートを塗っておくとジェルネイル保護にもなるので◎。除光液で落とす時は、【ノンアセトン】のものを選ぶこと。普通の除光液で落としてしまうとジェルネイルまで溶けて光沢が無くなってしまうので要注意です。

シンプルなカラーに1、2本程度スワロフスキーなどの装飾がついている場合は、絆創膏で隠してしまっても良いでしょう。近くで見なければ浮くことはありませんし、もし複数本あって近くで見た際多少不自然でも、キラキラのままで行くよりは、気にしてくれているんだな、と遺族に不快な印象を与える事もないかと思います。

絆創膏でピンポイントに隠す

サロンに行く時間がない場合は、専用の「ジェルオフリムーバー」で自分でオフをするという方法も。今ではドラッグストアなどにも置いてありますので、簡単に手に入ります。コットンやアルミホイルを使ってサロンのように落とすのですが、間違っても無理やり剥がしたりしないでくださいね。爪をいためる原因になってしまいます。ただ、自分でやるのは時間がかかりますし、慣れていないとうまく剥がれず結局爪をいためてしまうかもしれません。なるべく丁寧に、削りすぎないよう心がけて下さい。

でもやっぱりオフするのが一番