1. トップ
  2. 突如『ろれつ』が回らなくなって…救急搬送された後、判明した“恐ろしい病気”

突如『ろれつ』が回らなくなって…救急搬送された後、判明した“恐ろしい病気”

  • 2024.2.28
  • 30576 views

自分は健康だと信じていると、健康診断は「面倒なもの」と避けてしまいがち。投稿者の男性は仕事が忙しいことを理由に検診を先送りにしていたのですが、ある日…。

毎日の忙しい日々から

undefined
undefined
undefined
undefined
undefined
undefined
undefined
undefined
undefined
undefined
undefined
undefined
undefined

会社に勤めていると健康診断は義務であるため、定期的に受けているでしょう。しかし投稿者の男性は個人事業主。健康診断は、自分で情報を調べ、病院を探して受けに行かなくてはなりません。その手間が面倒!仕事に追われていた男性はしばらく健康診断を受けていませんでした。

さらに夜遅くまでパソコンに向かったり、毎晩のように接待で暴飲暴食をする日々。そうこうするうちに肩と首にひどいこりを感じるようになり、湿布や痛み止めも効かなくなってきてしまいました。

それでも「疲れているのかな…」と軽く考えていたところ、急に呂律が回らなくなってうまく喋れず、左手足に力が入らなくなり、意識を失ってしまいます。そして救急病院へ運ばれて検査をした結果、なんと「脳幹出血」という深刻な状態…。

その後の治療で起き上がって暮らせるようにまで回復したものの、顔と体に麻痺が残り、リハビリを続けなくてはならない日々に。普段の生活や体の異変に気を遣えばよかった…と後悔せずにはいられない男性でした。

まさか自分は重い病気にならない…と過信してしまいがちですが、無理をすれば体に響きます。健康的な暮らしを心がけ、定期検診は必ず受けるようにしましょう!

作画:えりた(@erita_enikki

※本記事は媒体独自に募集した体験談を元に構成しています。

の記事をもっとみる