1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 母「夕飯できたよ」娘「いらない」【反抗期に悩む母】子どもに500円を渡し夕飯作りを放棄すると!?

母「夕飯できたよ」娘「いらない」【反抗期に悩む母】子どもに500円を渡し夕飯作りを放棄すると!?

  • 2023.12.8
  • 53921 views

2023年も残りわずか。ltnで今年読者から人気だった記事をご紹介する、アンコール企画記事をお届けします。今回のテーマは、「子どもの反抗期」。ltnライター:広田あや子さんが友人から聞いた、家族の絆を感じるエピソードです。

画像: 母「夕飯できたよ」娘「いらない」【反抗期に悩む母】子どもに500円を渡し夕飯作りを放棄すると!?

母に無関心な思春期の子どもたち

A子さんには、中学生の娘と高校生の息子がいます。

夫は単身赴任中で、反抗期の真っただ中の子どもたちに手を焼いていました。

学校から帰宅後は「ただいま」の挨拶もろくにせず、自分たちの部屋に直行します。

しかも、A子さんが「ご飯できたよ」と声をかけても「今、お腹空いてないから」「友達と食べてきたから、いらない」とそっけない態度で、部屋から出てこないのです。

子どもに夕飯代を渡し、突き放す母

A子さんは毎日、急いで会社から帰宅しクタクタのなかで、夕飯を作り家事をこなしていました。

しかし、子どもたちはそんな母の姿を見ても「ありがとう」の一言もありません。

どんなに頑張っても感謝もされない日々に、虚しさが募っていきます。

そこである朝、A子さんはリビングのテーブルに小銭を置き「これから毎日一人500円ずつ渡します。これで、自分達で晩ご飯を済ませてください」と手紙を添えて出勤しました。

手作りカレーで、母の帰宅を待っていた

次の日、A子さんが夜中に帰宅するとリビングのテーブルの上にカレーライスと手紙を発見しました。

手紙には長女の丸っこい字で「ママごめんなさい。昨日もらったお金で、カレーを作りました。食べてください」と書かれていたのです。

しかも手紙の下には、シートマスクまで置かれていました。

反抗期が親子関係を見直すきっかけに!

子どもたちは、仕事も家事も頑張っているママの姿をちゃんと見ていたのです。

きっとママを少しでも癒したいと思い、一生懸命カレーを作ったりドラックストアの化粧品コーナーに行ったりしたのでしょう。

A子さんは、子どもたちからの思わぬ優しさに感激し、泣きながらカレーを食べました。

次の日から、子どもたちは食事の時間になると自分の部屋から出てきて、今では家族そろって夕飯を食べているそうです。

まとめ

子どもの反抗期に悩んでいたA子さんですが、雨降って地固まる結果に。反抗期トラブルが親子関係の改善につながった、ほっこりするエピソードでした。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:広田あや子

元記事で読む
の記事をもっとみる