1. トップ
  2. ファッション
  3. 「定番色もキレイ色も」結局どちらもあったほうがいい新作ニットカタログ

「定番色もキレイ色も」結局どちらもあったほうがいい新作ニットカタログ

  • 2023.12.8
  • 193 views

シンプルでも存在感のある新作ニットをチェック


ボトムなどの冒険やレイヤードの可能性も広がるなど、オシャレの可能性を広げてくれるニット。ひとまずワードローブにストックしておくべき2大カラーを紹介。シンプルだけどサイズ感や起毛感、さらに発色の良さなどでそのメリットを強調。”地味”とは無縁の存在感で優秀なデザインだけ新作をお届け。


シンプルなのに目にとまるデザイン


ふわふわとした毛足や、編み地による特有の表情。有り余るほどかわいい、包み込むようなフォルム。たった1枚でも十分映える、ニットならではの唯一無二なボリュームがあれば、シンプルでも即、絵になる姿に。


ネイビータートルニット 132,000円/ATON(ATON AOYAMA) タイツ 4,400円/ブルー フォレ(RHC ロンハーマン) ローファー 17,930円/A de Vivre オーバーサイズなざっくりニットを、カラータイツと一緒にワンピとして1枚で。着方や性別の枠を超えて楽しめるのは、融通の利くニットならでは。



強くもありやさしくもある高発色


パキッとしたカラーや、今注目のメタリックなど。素材のしなやかさやぼける毛足によって、印象的な色を穏やかに仕立ててくれるのもまたニット。主張はしつつ、まわりと調和が図れる柔軟性も持ち合わせているから、配色の幅が増大。


ピンクモヘアニット 36,300円/ロンハーマン キャメルレザースカート 29,700円/ベイジ,(オンワード樫山 お客様相談室) サングラス 35,200円/ジェントルモンスター(エム) ブーツ 37,400円/2.718(ガリャルダガランテ 青山店) ニットの中でもとくにソフトに仕上がる繊細なモヘア。強気なレザーとの一見派手な組み合わせが、カドのとれた仕上がりを約束。



(19アイテムの新作)
≫「定番色もキレイ色も」結局どちらもあったほうがいい新作ニットカタログ

元記事で読む
の記事をもっとみる