1. トップ
  2. 恋愛
  3. 年越しのため義実家に行くと【夫の元カノが出迎え!?】→ "しつこいマウント"に本妻がブチ切れ!

年越しのため義実家に行くと【夫の元カノが出迎え!?】→ "しつこいマウント"に本妻がブチ切れ!

  • 2023.12.8
  • 10859 views

義実家での年越しはただでさえ気を遣うもの。筆者の知人Aさんは、義実家で年越しをすることになり緊張していたところ、その緊張が吹っ飛ぶ事態になったそうです。そこに招かれていたのは、なんと夫の元カノ! この困った状況をAさんはどう乗り切ったのでしょうか。

画像: ftnews.jp

ドキドキ! 義実家で年越し

結婚して初めての年末。Aさんは、夫の実家で年越しをすることになりました。義実家は遠いため、義理の家族には結婚の挨拶や結婚式くらいでしか会ったことがなく、Aさんの緊張はマックスです。

「堅苦しい家じゃないから、そんなに緊張しなくて大丈夫だよ」

夫はそう言いますが、Aさんはドキドキ。自分なりにその場を成功させようと、義実家での過ごし方をネットで調べて年越しの準備を進めていました。

この女誰? 義実家にいたのは…

いよいよ年末になり、Aさん夫婦は義実家へ。緊張しているAさんが手土産を手渡すと、そこには見知らぬ女性がいるではありませんか。

夫には姉妹はいませんし、結婚式で会った親族の中にもいなかった人です。Aさんが誰だろうと不思議な顔をしていると、その女性が自ら自己紹介してきました。

「Aちゃん? はじめまして! 夫くんの元カノのTです!」

元カノが年末に義実家に出入りしていることも驚きですが、まったく悪びれることなく自己紹介したことにも驚きました。ですが、Aさん以外はこの状況を不思議だとは思っていない様子です。

ウザい! 元カノのマウント

その後、義実家で過ごしていると、Tは何かとAさんに対しマウントを取ってきます。

「あ、Aちゃん。夫くんはこっちの皿なの。覚えてね」
「夫くんってデリカシーないところあるでしょ? ほんとごめんね〜」

TはAさんよりも夫のことを知っているとアピールしたいようで、何かと話しかけてきます。最初は黙って愛想笑いしていたAさんでしたが、何度目かで堪忍袋の緒が切れました。

「Tさんって元彼の実家で年越しなんてしてるから、行き遅れちゃうんですね〜。私心配です〜」

Aさんの反撃に、Tはようやく静かになりました。

もう行かない! 夫に宣言

波乱の年越しを終え、自宅に帰ってきてからAさんは夫に宣言しました。

「元カノが年越しにいるなんて異常だよ! これからも元カノが来るなら私は一生義実家には行かないから何とかしてね!」

夫はAさんの様子を見て、ようやくTの来訪がどれだけおかしいことなのかを認識した様子。反省し、もう二度とTには関わらせないと約束してくれました。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:安藤こげ茶

元記事で読む
の記事をもっとみる