1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「あなたは人よりも…」おなかの赤ちゃんが大きすぎる?→医師が告げた驚きの検査結果とは!?

「あなたは人よりも…」おなかの赤ちゃんが大きすぎる?→医師が告げた驚きの検査結果とは!?

  • 2023.12.8
  • 6983 views

出産間近で産婦人科の先生から指摘された「児頭骨盤不均衡の疑い」。初めて聞く言葉に動揺していた私が、結局恥ずかしい思いをすることになったエピソードを紹介します。

赤ちゃんが大きすぎる!?

私の赤ちゃんは出産予定日を過ぎてもなかなか生まれず、おなかの中でどんどん成長していきました。


そこで産婦人科の先生が心配したのが、「児頭骨盤不均衡」です。赤ちゃんの頭が母親の骨盤に対して大きいと、自然分娩できないとの説明でした。

レントゲンを撮ることに…

「あなたは痩せ型だし、骨盤も小さいかもしれない」。先生はそう心配し、私は骨盤のレントゲンを撮ることになりました。

こういう場合、レントゲンで骨盤の大きさを測るのだそうです。ドキドキしながらレントゲン撮影を終え、先生の説明を聞くことになりました。

驚きの検査結果!?

検査の結果を、先生は少し言いづらそうにこう説明してくれました。

「痩せているから心配だったけど、骨盤は人より大きいですね。自然分娩でいきましょう」。

要するに、痩せて見えるけど下半身は人よりしっかりしているようです。


確かに昔から「安産型だね」と言われていた私。お尻や太ももがずっとコンプレックスだったのですが、それがレントゲンで証明されることとなってしまいました。恥ずかしくてうつむきながら診察室を出たのを覚えています。

結局、出産には時間がかかったものの、自然分娩で元気な赤ちゃんが誕生しました。私のお尻の大きさのおかげかもしれません。診察室での先生との気まずい時間も、今では笑い話になっています。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

監修/助産師 松田玲子

イラスト/森田家


著者:やまね ゆき

ベビーカレンダー編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる