1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「言葉がない…」4年間で900万円以上、義母の貯金を使い込んだ人物とは

「言葉がない…」4年間で900万円以上、義母の貯金を使い込んだ人物とは

  • 2023.12.7
  • 20546 views

夫とともに、高齢の義母の買い物の手伝いを週に1回していたほぺ美さん。ある時、義母から残高がおかしい気がすると相談を受けます。義母のキャッシュカードを預かり、生活費の引き出しを担当していたのは義姉。以前からその羽振りの良さを不思議に思っていたほぺ美さんでしたが、その理由をようやく理解したのでした。キャッシュカードを止め、これまでいくら引き出されていたのかを調べることにした2人は想像以上の額に驚がくすることに…。山吹いろ(@yamabuki___iro)さんによる『8桁の使途不明金』どうぞご覧ください。

夫とともに引き出された金額を計算することに

これ以上キャッシュカードでお金が引き出されないよう利用停止をしたうえで、明細を取り寄せていくら引き出されたのかを計算してみることにした2人。義姉がキャッシュカードを預かり始めた時期とお金が引き出された時期は同時期だったことも判明し、義姉はかなり前から義母に無断でお金を引き出していたことがわかりました。お金だけを渡されていた義母は自分の娘を信頼し、残高のことなど気にすることもなかったのでしょうね…。

義姉の使い込みを一つずつ計算していった2人ですが、電卓を見る夫の顔色が真っ青なのが気になりますね。一体いくらだったのでしょう…。

計算間違いじゃない?信じたくないほどの高額だっただ

計算間違いではと疑うほどの高額だった使い込みの金額はなんと900万円を越えていました。たった4年でここまで使い込むというのも信じられませんし、そもそも義姉はそこまでお金に困っていたのでしょうか…。

仕事をしているはずの義姉が、一体何にここまでお金を使ったのか…その使いみちも気になりますよね。

真実を知った義母を見るのがつらかった

義母に明細を見せたうえで、使い込まれた額が900万円を越えていたと伝えた夫。義母はそんな現実を前にうなだれてしまっていました。信頼してキャッシュカードを預けていたのに、まさかこんなことになるとは想像もしていなかったでしょうね…。大金を何に使ったのか義母にも見当がつかないところを見ると、義姉はお金に困っているような態度を見せたことがなかったのでしょうね。

一方、義姉の話をしているタイミングでかかってきた義姉からの電話。その口調はどこか焦っているような様子ですが、キャッシュカードを止めたことに気が付いたのでしょうか。

親が高齢になるとお金の管理は難しくなり、娘や息子が管理することはあり得ます。お金を取られていたことはもちろんショックだったでしょうが、それ以上に裏切られたことがショックだったはず。高齢の親の老後資金の扱いは、親族間でも十分注意して行いたいものですね。

著者:こびと

元記事で読む
の記事をもっとみる