1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. ソウルで“今”を感じる器が手に入るお店5選

ソウルで“今”を感じる器が手に入るお店5選

  • 2023.12.8
  • 2285 views
韓国〈日常餘百〉〈LVS CRAFT〉〈工藝 長生壺〉〈LEEUM STORE〉店内

日常餘百(イルサンヨベック)

和洋中、何にでも合う日常使いの白磁はここで

「日常」と店名にあるように、毎日使いたい器が並ぶ。でも、すべてに作家の名前が立っていて、飾っても美しい、完成度の高いものばかりだ。器店でもあり、個展も開くギャラリーでもある。店主はアメリカでの生活を経て帰国したハン・シニョンさんとシンジョンさん姉妹。

「10年くらい前まで韓国でも生活陶芸は少なかったのですが、今は若手作家も増えて百花繚乱です」。スタイリッシュな白磁で人気のキム・サンイン、ユン・サンヒョン、ヒュン・テジュはじめ、20人ほどの若手作家を中心に扱い、若い世代、特に男性客の支持も得ている。ソウル市内のアクセスしやすいエリアで入りやすく、見やすく、値段も手頃。手馴染みを確かめてから求めよう。

イ・ヒスの作品
金をあしらった器はイ・ヒス作。44,000W~。すべて一点もの。同じ形のものはない。
韓国〈日常餘百〉店内
かごや竹ざる、木、金属、ガラスなど、多彩な品々を扱う。
韓国〈日常餘百〉店内
肌合いの温かい白磁が中心。作家ごとに異なる多彩な白の世界へ。

Information

日常餘百

2023年にこの場所へ移転。地下鉄なら景福宮駅が最寄りだ。朝鮮白磁の伝統を踏まえつつ、モダンにイノベートした作品が主役。

イルサンヨベック
住所:鍾路区紫霞門路17ギル12-15/12-15, Jahamun-ro 17-gil, Jongno-gu 
営:10時〜19時
休:月曜
Instagram:@ilsangyeoback

工藝 長生壺(コンイェ チャンセンホ)

ここで買えば間違いないという安心感

アンティークショップを営む両親の下で育ち、「母のお腹にいるときから目利きだった(笑)」と言う店主チョン・ヒョンジュさんは、大学で陶芸を学び、大学院では美術史を専攻した。確かな美的センスでセレクトされた器は、どれも主張しすぎず、静かな雰囲気で、すっと生活に馴染んでくれそう。

「自分と同世代の1980年前後生まれの作家の作品を中心に集めたかった」ということで、現在はその世代を中心に常時4~5人の作家、時には日本人作家を扱うことも。最近はガラスの器も人気で、選ばれた作品を見れば、その佇まいが白磁、さらには李朝の家具とも見事にマッチすることがよくわかる。仁寺洞(インサドン)の静かな通りにあって、気軽に訪ねてみたい一軒。

キム・ドンワンの作品
味がある半透明のガラス器。1992年生まれのキム・ドンワン作。100,000W~。壺や花瓶もある。
韓国〈工藝 長生壺〉店内
大人気、キム・サンインの白磁もずらり。
韓国〈工藝 長生壺〉店内
ちょっと緊張しそうな店構えだが、店主の優しい接客に心和む。

Information

工藝 長生壺

両親の店は同じ仁寺洞にある〈長生壺〉、こちらは〈工藝 長生壺〉。お間違えなきよう。気遣いあふれるラッピングもお楽しみに。

コンイェ チャンセンホ
住所:鍾路区仁寺洞10ギル23-4/23-4, Insadong 10-gil, Jongno-gu 
営:11時~19時
休:不定休
Instagram:@jangsaengho

LVS CRAFT

クオリティの高さとバラエティに圧倒される

ソウル市中心部から少し離れ、急な坂を上った高台の高級住宅街にある邸宅。中に入ってびっくり。こ、これは。まるで倉庫のように、あの有名作家、この人気作家の作品が棚に無造作に並んでいる。韓国のみならず、日本や中国のアンティークを系統立てて収集する店主のイ・ウォンジュさんは、市中心部で現代アートを扱う〈ギャラリーLVS〉も運営する敏腕。

この店はそのアーカイブも兼ねた一軒で、1992年生まれの娘、ユジンさんが仕切っている。どれもスタイリッシュな器ばかりかと思いきや、ごく普通の日本の小皿も並んでいたりして、そのギャップも面白い。人気作家の初期作品も見つかる。宝探しのように、自分だけの掘り出し物を探してみたい。

イ・ペジョンの作品
イ・ペジョンのカップ小30,000W、大50,000W、入れ子の器セット300,000W。
韓国〈LVS CRAFT〉外観
韓国ドラマに出てきそうな邸宅が、アーカイブとショップに。
韓国〈LVS CRAFT〉店内
お宝ストック充実、慣れてきたら足を延ばしたい中上級者向けの一軒。

Information

LVS CRAFT

完全予約制。予約は@gallerylvsのDMで受け付け。2023年夏、龍山の〈アモーレパシフィック美術館〉の中にも支店をオープン。

エルブイエス クラフト
住所:鐘路区彰義門路5ギル54/54, Changuimun-ro 5-gil, Jongno-gu 
営:10時~18時
休:土曜・日曜・祝日
Instagram:@lvscraft

LEEUM STORE

知っておきたい工芸作家を一望できるセレクト

考古資料から現代アートまで、サムスングループ創始者のコレクションを展示する美術館〈リウム〉。マリオ・ボッタ、ジャン・ヌーヴェル、レム・コールハースという大建築家3人が1棟ずつ設計を手がけて話題になった。〈リウム ストア〉は2021年、その館内カフェの一角をリニューアルしてオープン。

いわゆる通常のミュージアムショップと異なり、館内の展示とは直接、呼応していない。代わりに陶器、ガラス、漆器、金属、紙、ファブリックなど、今知るべき韓国のクラフトをセレクト、編集したショールームのような店となっている。アーティストがデザインしたアクセサリーやグッズなども販売。時期ごとに作家の入れ替えもあり、まず寄りたい一軒。

キム・ガウンの作品
お茶ブームを受けて、茶器を手がけるのは30代のキム・ガウン。急須160,000W。右の湯飲みと茶托のセット48,000W。
韓国〈LEEUM STORE〉店内
白磁の器も大充実。
韓国〈LEEUM STORE〉店内
韓国クラフトの“今”を体現する作品が並ぶ。ビギナーにもおすすめ。

Information

LEEUM STORE

オンラインショップも充実。作家の紹介も詳細にあって、見応えあり。

リウム ストア
住所:龍山区梨泰院路55ギル60-16/60-16 Itaewon-ro 55-gil, Yongsan-gu 
営:10時~18時
休:月曜・1月1日・旧正月・秋夕の連休・展示準備期間
Instagram:@leeumstore

1994 SEOUL

韓国伝統の菓子とお茶をコースで体験しよう

ソウルでは感度の高い人たちの間で、今、お茶が流行中という。緑茶だったり中国茶だったり抹茶だったり、幅広い種類のお茶と、消えつつある韓国の伝統菓子をコース仕立てで味わえる、新名所ともいうべきカフェがオープンした。店主は店名に冠した通り、1994年生まれのイ・ミョンジェさん。

韓国〈1994 SEOUL〉店内
この日のコースは中国の白茶から。「一芯二葉なので、奥深い味になる」
韓国〈1994 SEOUL〉店主イ・ミョンジェとスタッフ
奥が若き店主イ・ミョンジェさん。隣でスタッフが次々と丁寧に茶を淹れる。

両親が始めた餅屋の息子として生まれ、母の薦めで、師匠ソ・ミョンファンについて6年、みっちりと韓菓の基礎を学んだ。キリッと張り詰めた空気の中で一品ずつお茶とともに味わう。その器がいちいち美しく、伝統菓子とぴったり合う。流れる時間に、心身共に癒やされる。この日は、ソウル大学のユ・セリさんの器も登場。器使いのヒントももらえそうな一軒だ。

韓国〈1994 SEOUL〉揚げた餅をショウガのシロップに漬けたもの
薬菓という伝統餅菓。揚げた餅をショウガのシロップに漬けたもの。購入も可。
韓国〈1994 SEOUL〉夏の菓子
ユズの中に栗やナツメ、千切りのイワタケなどを詰めて発酵させた、夏の菓子。
韓国〈1994 SEOUL〉抹茶入り白玉
夏ならではの抹茶入り白玉。中に松の実が。母の手製ポジャギを添えて。

Information

1994 SEOUL

2ヵ月に1度替わるコースは80,000W。完全予約制。予約はインスタのDMから。

住所:麻浦区城美山路23アンギル20-12/20-12 Seongmisan-ro 23 an-gil, Mapo-gu 
営:12時、14時、17時、19時~の各回80分制
休:月曜・火曜
Instagram:@1994seoul.yeonnam

*営業時間や定休日などは変更の場合があります。公式サイトやSNSを参照してください。所在地はいずれもソウル特別市内です。100W(ウォン)=約11円(2023年8月時点)。

元記事で読む
の記事をもっとみる