1. トップ
  2. ファッション
  3. 私だけ大人になれないの?初潮を迎えても消えない青あざ|尻が青いと言わないで

私だけ大人になれないの?初潮を迎えても消えない青あざ|尻が青いと言わないで

  • 2023.12.7
  • 2441 views

この漫画は、生まれつきの青いあざのような蒙古(もうこ)斑が、大人になっても消えずに残るという体の悩みを抱えたみぃ子(@miico_no_kurashi)さんの小学生時代のお話です。母親に「自分の蒙古斑はいつ消えるの?」とたずねるみぃ子さん。母親はいつも「大人になったら消えるよ!」とこたえるのですが…。12歳になり初潮を迎えても、みぃ子さんの蒙古斑は消える様子がありません。『尻が青いと言わないで』第2話をごらんください。※この記事は著者・みぃ子さんのブログで連載中の作品『尻が青いと言わないで』の序章をご紹介するものです

小学生のみぃ子さんは、生理がはじまり心も体も大人の女性へと変化しています。しかし、蒙古斑だけはくっきりと残ったまま。

自分だけ大人になれないのかも…と思い悩んでいたころ、みぃ子さんにとって一大事の学校行事の時期がやってきました。それは宿泊行事。友達と入浴するのですから、蒙古斑が見られてしまうかもしれません。みぃ子さんにとっては不安だったことでしょう。

思春期の心と体の悩みには、大人のサポートが大切

生まれつきの青いあざのような蒙古斑は、日本人のほとんどにあり、通常なら5〜6歳までに消えます。しかし、大人になっても消えずに残る人が全体の3%ほどいるそう。この漫画の作者・みぃ子さんもその1人です。

小学生になったみぃ子さんは初潮を迎え、体は大人の女性へと変化しているにも関わらず蒙古斑は消えませんでした。特に、修学旅行のお風呂で、友だちに蒙古斑を見られることが心配の種に。修学旅行当日は「生理になりました」とうそをついて1人で入浴します。

蒙古斑の悩みを母親に相談しても、まともに相手をしてもらえませんでした。みぃ子さんは明るくおちゃらけたイメージがあったからか、母親も深く考えずにからかってしまったのかもしれません。しかし、その度にみぃ子さんは傷つき、1人で悶々(もんもん)と悩んでいました。

思春期は心と体が変化する時期で、発達の過程も人それぞれ。周囲からすれば小さなことに思えるような内容で、深く悩むこともある時期ですよね。周りの大人は子どもの悩みを勝手に軽く解釈せず、じっくりと理解して支えたいですね。

著者:kotti_0901

元記事で読む
の記事をもっとみる