1. トップ
  2. 恋愛
  3. 絵本を読みながら組み木のパズルを完成させよう!「おかえりどうぶつはうす」に注目

絵本を読みながら組み木のパズルを完成させよう!「おかえりどうぶつはうす」に注目

  • 2023.12.7
  • 94 views

アートディレクター・高井幸江氏が代表のIbizaが展開する組み木の森ブランド、『組み木のえほん「おかえりどうぶつはうす」』が、香港デザインセンターが主催する「2023年アジアデザイン賞(DFA Design for Asia Awards 2023)」において、Merit Awardを受賞した。

Merit Award受賞

『組み木のえほん「おかえりどうぶつはうす」』は、国内外の7つ目のデザイン賞受賞となり、国際的なデザイン賞としては「iF DESIGN AWARD 2023」についで2つ目の受賞となる。

「2023年アジアデザイン賞」では、大賞10点、金賞19点、銀賞40点、銅賞55点、メリット賞92点を含む合計216点の優れたデザインプロジェクトが選ばれた。

「おかえりどうぶつはうす」について

『組み木のえほん「おかえりどうぶつはうす」』は、家族の絆と自然の温もりを感じさせる組み木と絵本がセットになり、絵本を読みながら組み木のパズルを完成させていく知育玩具。

絵本は、世界の子どもたちに向けて英語翻訳も添えられ、組み木は新潟県産の天然ブナ(スノービーチ・無垢材)の間伐材を用いた、9ピースのパズルで作られている。

また、子どもから大人まで幅広い年齢層に楽しんでもらえるよう設計されている。動物たちが家に帰ってくる様子を描いた絵本は、家族の温かな「おかえり」の挨拶が心地よく響く。同時に、組み木のおもちゃは手作りの温もりを感じさせ、子どもたちの感性を育む。

Ibizaの願いは、この絵本と組み木が世界中の子どもたちに届き、間伐材を使うことで森や自然環境に対する意識を育てるきっかけになることだという。

さらに、長く愛されるデザインと素材を選び、子どもたちが成長しても末永く楽しめるようにした。この絵本と組み木で、世界中の家庭に笑顔が広がることを願っている。

組み木の森ブランドのコンセプト

組み木の森ブランドは、「自然素材の触れ合い」「パズル遊びの効果」「アニメーションによる発想力の育成」「絵本による言語学習」「コミュニケーション力の強化」「自然との関わりの深化」の6つのコンセプトを通じて子どもたちの成長を促す。

なお、同商品は組み木の森ブランド公式サイトにて購入できる。

この機会に、『組み木のえほん「おかえりどうぶつはうす」』をチェックしてみては。

組み木の森ブランド公式サイト:https://kumikinomori.com/

(角谷良平)

元記事で読む
の記事をもっとみる