1. トップ
  2. 恋愛
  3. <救世主は義姉!?>帰省中に風邪をひいた子ども →【何もしない夫】に義姉の怒りが爆発し、一喝!!

<救世主は義姉!?>帰省中に風邪をひいた子ども →【何もしない夫】に義姉の怒りが爆発し、一喝!!

  • 2023.12.7
  • 6127 views

自分の実家や家族が大好きなのは良いことです。だからといって優先順位を間違えてはパートナーに対して失礼になってしまいます。このお話は筆者の友人・K恵から聞いたクスッと笑ってしまうようなエピソードです。

画像: <救世主は義姉!?>帰省中に風邪をひいた子ども →【何もしない夫】に義姉の怒りが爆発し、一喝!!

モラハラ気質の夫

私の夫はモラハラ気質で、何かと私のことをバカにしてきます。「俺の稼ぎで食わせてやってる。」「お前なんて暇な専業主婦だろ?」などと見下した発言を繰り返していました。

夫には1歳違いの姉がいます。義姉は独身でバリバリのキャリアウーマン! 私にも優しく接してくれる素敵な女性でした。

夫はお姉さんが大好きで、自慢の存在です。私と比較して褒めたたえることが多く、「お姉ちゃんはすごい!」「お姉ちゃんは偉い!」とシスコンぶりを発揮していました。

ある年のお正月……

お正月はいつも義実家に帰省することになっていました。気が重いのですが、義実家では夫のモラハラも鳴りを潜めるので、子ども達を連れて年末から泊まりに行ったのです。

すると、いつもは電話で新年のあいさつをするだけの義姉が帰省していました。仕事が一段落したので休みが取れたとのこと。これに大喜びしたのは他の誰でもない、夫です。

子どもが親に張り付くように、ずっと「おねえちゃん」「おねえちゃん」と義姉を捕まえて話をするほどの喜びようでした。

子どもの体調不良

義実家に行った2日目の夜、下の子が急に熱を出しました。休日外来で受診したものの「おそらく風邪でしょう」と薬を出してもらいました。

しかし、薬を飲んでもあまり症状は改善せず、体がだるいのかずっとグズグズ……義両親にうつしてしまっては申し訳ないので、部屋1つ借りて隔離状態になっていました。

上の子も頭では状況が分かっているものの、私や弟が部屋から出てこないことに退屈し、一緒になってグズグズ言い出す始末でした。

何もしない夫を一喝してくれたのは?

そんな状況にもかかわらず、夫は何もしませんでした。

上の子と遊んでくれることも、下の子の看病を替わってくれることもありませんでした。でもそれはいつものこと……ブツブツ文句を言われないだけマシだと思っていたところで、義姉が夫を怒鳴りつけてくれたのです。

「あんた何やってんの? 私と話す暇があったら子どもの面倒見なさいよ!」

夫は大好きな『お姉ちゃん』に怒られて意気消沈……夫がようやく重い腰を上げたときには、下の子の症状は快方に向かっていました。

義姉からのアドバイス

どうやら義姉は、夫のモラハラ気質を見抜いていたようです。義姉が先に帰ることになったので見送りをしていたとき、こっそりと私にこう耳打ちしました。

「離婚できるように仕事をしなさい。自立しなきゃ。」

今までも夫に対して呆れることや傷つくことは多々ありましたが、義姉の一言で『私の感じていた感覚はおかしくなかったんだ』という自信が持てました。

子ども達のことも考え、仕事を探して自立できる女性になろうと思っています。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:RIE.K

元記事で読む
の記事をもっとみる