1. トップ
  2. 恋愛
  3. 男性からの電話に出た途端...ママ友の話し方が別人に|ホストにハマったママ友の話

男性からの電話に出た途端...ママ友の話し方が別人に|ホストにハマったママ友の話

  • 2023.12.6
  • 2824 views

主人公とママ友Aさんは、よく一緒にランチする仲だったものの、子どもの進学とともに疎遠になっていました。数年の時を経て、ある日ばったりと再会した2人。どこか雰囲気が変わってしまったAさんの姿に主人公は戸惑いますが、久しぶりにお茶をすることになりました。2人で話をしていると、Aさんのスマホに着信が入りました。もっち・怖い女たちの体験談・漫画(@mocchi_kakei)さんによる作品『ホストにハマったママ友の話』第4話をごらんください。

かかってきた電話に出たママ友・Aさんは、まるで別人のような声で電話の相手とうれしそうに話していました。その相手は「私の担当」だと説明しますが、主人公にはAさんの言う「担当」の意味がわかりませんでした。

「約束のネックレスを買ってあげる」担当とは、いったいどういうことなのでしょう。ママ友の言葉が理解しがたいワンシーンですね。

子育ての後は「孤独」?

この漫画では、育児が一段落した主婦・Aさんがホストにハマってしまう様子がママ友目線で描かれています。経営者の妻でお金に困らず幸せに育児をしてきたはずの主婦が、いつの間にかホストにハマり、抜け出せない状況に。当初は楽しそうだったAさんの言動はだんだんとホストに執着したものに変わり、ついにはホストとの関係性しだいで感情が振り回されている状態に。悩みを聞く主人公も疲れ果てていきます。

Aさんがホストにハマった理由はわかりませんが、主人公は「育児が一段落して孤独だったのかもしれない」と想像します。子どもという「100%自分を必要としてくれる存在」が巣立ったのち、自分の価値について悩んでしまったのでしょうか。

しかし、母という役割を終えても、自分自身の価値がなくなることはありません。むしろ育児という経験を積んでレベルアップした自分として、好きなことに打ち込んだり、気の合う友人との時間を大切にしたりできるのではないでしょうか。『ホストにハマったママ友の話』は、いつか子育てを終えた後の自分はどうありたいか、改めて思いをはせてみたくなる作品です。

著者:lilyco_cw

元記事で読む
の記事をもっとみる