1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「ドクン…!」近所の年上の女性に秘密の場所に連れて行かれ…衝撃の事態に絶句<小学生トラブル>

「ドクン…!」近所の年上の女性に秘密の場所に連れて行かれ…衝撃の事態に絶句<小学生トラブル>

  • 2023.12.7
  • 273 views

当時小学校1年生だった主人公のネギマヨさんは、隣に住んでいる小学校5年生のアイちゃんによく遊んでもらっていました。その日、アイちゃんの家のチャイムが鳴っていることに気づいたネギマヨさん。ところが、アイちゃんは習い事に行っており留守です。そのことを伝えようと家から顔をのぞかせると、アイちゃんの家の前にいたのは“呪われた子”として噂になっているノゾミちゃんでした。ノゾミちゃんにかかわってからろくなことがないネギマヨさんは、これ以上まわりに誤解される前に「なんとかノゾミちゃんから離れよう」と決意。「最後にする」という約束で、ノゾミちゃんが秘密基地と呼んでいる場所についていきます。

ノゾミちゃんに連れられて着いた場所は「ため池」。ネギマヨさんは子どもだけで入ってはいけないことを知っていましたが、ノゾミちゃんに逆らうことはできません。案の定、危険な場所で足をすべらせてしまい……?

もうダメ…!ため池に落ちる…!

ため池にネギマヨさんの足がつかりかけたとき、運よく2人の前に大人が現れました。

その後おじさんに連れられネギマヨさんは無事に帰宅しますが、すっかりノゾミちゃんのことがトラウマに。

それからノゾミちゃんから隠れるように生活を続けていたある日のこと、ノゾミちゃんが小さな子と一緒にいるのを見てしまったネギマヨさん。

かつての自分の姿と重なり、その子を助けるために思い切ってノゾミちゃんに立ち向かいます。

結局それ以降ノゾミちゃんとかかわることはなくなりましたが、ネギマヨさんは大人になった今でも鮮明にノゾミちゃんのことを覚えているのでした。


結局ノゾミちゃんの問題行動の原因は明らかにはなっていないものの、ネギマヨさんが推測するように両親との関係があまりよくなかったのかもしれませんね。


ネギマヨさんは今回ノゾミちゃんからたくさんの被害を受けましたが、ノゾミちゃんもきっと心のどこかで傷ついていたのではないでしょうか。


ノゾミちゃんがその後、信頼できる大人と巡り会えていることを願いたいですね。


著者:マンガ家・イラストレーター ネギマヨ

ベビーカレンダー編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる