1. トップ
  2. スキンケア
  3. 『し、消火器!』朝目覚めると…部屋から“燃えるにおい”!?慌てて飛び出した結果⇒【目の前の光景】にすべてを理解する…

『し、消火器!』朝目覚めると…部屋から“燃えるにおい”!?慌てて飛び出した結果⇒【目の前の光景】にすべてを理解する…

  • 2023.12.6
  • 4874 views

皆さんは、困っている人を助けた経験はありますか? 今回は「定食屋」にまつわる物語を紹介します。 ※この物語はフィクションです。 イラスト:進撃のミカ

定食屋を受け継ぐ

両親が経営していた定食屋を受け継いだ主人公。 しかし接客が苦手な主人公は客に怖がられてしまい、客足は遠のくばかりでした。 そんなある日、主人公が店の居住スペースで寝ていると…。

警報器の音

出典:進撃のミカ

店中に警報器の音が鳴り響きました。 仕込みの火を消し忘れており、火事になってしまったのです。 「し、消火器!」と慌てて消火した主人公。 幸い火は燃え広がっておらず、被害はそれほど大きくありませんでした。 しかしボヤ騒ぎを起こしたことで周囲の人から冷たい目で見られ、意気消沈する主人公。 もう店はたたもうと諦めてしまいます。 ところがそんな主人公に手を差し伸べてくれる人がいました。 以前、店にやってきたワケありの親子に無償で食事を提供した主人公。 その親子が恩返しとして店にたくさんの客を連れてきてくれたのです。 そのおかげで主人公の料理がおいしいとの噂が広まり、店は繁盛したのでした。 ※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。 ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。 (Grapps編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる