1. トップ
  2. ダイエット
  3. 妊娠中、バスで男性客から「お腹の赤ちゃんは女? 女はダメ!」心無い発言に対し → 救世主の優しい一言に涙!

妊娠中、バスで男性客から「お腹の赤ちゃんは女? 女はダメ!」心無い発言に対し → 救世主の優しい一言に涙!

  • 2023.12.6
  • 18929 views

妊娠中にバスに乗ったら、見知らぬ人から謎の説教を受けてしまった!?
今回は筆者の友人A子さんのお話です。

画像: 妊娠中、バスで男性客から「お腹の赤ちゃんは女? 女はダメ!」心無い発言に対し → 救世主の優しい一言に涙!

辛い不妊治療。奇跡が起きた!

A子さんは結婚してすぐに子どもが欲しかったのですが、なかなか上手くいきませんでした。
すぐに不妊治療を始めたものの、3年が経つ頃には精神的に限界が来てしまったのです。
結局治療を一旦ストップして、のんびり過ごす事にしました。

すると数か月後、奇跡的に自然妊娠したのです!
流産の経験があったA子さんはとにかく慎重になりましたが、気が付くともう妊娠9か月目。
性別は女の子と言われていて、元気に産まれてほしいと願っていました。

バスで見知らぬ中年男性からの説教

ある日、A子さんは用事がありバスに乗ることになりました。
優先席が空いていなかったので、2人席に座ることにしたのです。

すると、横に座っていた中年男性が、A子さんのお腹を見て話しかけてきました。
初めは他愛のない話だったのですが、性別を聞かれたので答えると……

「女はあかん、男を産まんと!」

なんと突然、顔をしかめて強く言い放ったのです。
その後も明らかな男尊女卑の、信じられない説教のオンパレードでした。

そうして男性は好き放題言った後、自分の降りる場所だからとさっさと降りて行ってしまったのです。

強く言い返すことも出来ず、ただひたすらに悲しくなりました。
A子さんは思わず泣きそうになってしまい、下を向いてグッと涙を堪えていたのです。すると……!

世の中捨てたもんじゃない。優しくしてくれてありがとう

近くに立っていた女性がA子さんの横へ座り、A子さんを見つめてこう言いました。

「あんなのでたらめよ、聞かなくていいからね。」
「素敵なママだもん、きっと可愛い女の子が産まれますね!」

女性はA子さんが男性に説教されていたのを見ていて、沢山慰めてくれたのです。
そんな女性の優しさに触れて、思わず涙がこぼれてしまいました。

嫌な人もいるけど、優しい人もいる。
そんな当たり前のことですが、とても救われた気持ちになりました。

まとめ

男尊女卑の凝り固まった考えの人って、実際にまだまだいるもんです。
性別関係なく、産まれた我が子をありのまま愛してあげられるのが一番ですね。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:Yukky111

元記事で読む
の記事をもっとみる