1. トップ
  2. ヘア
  3. 『普通のショート』じゃ物足りない!【30・40代】カットで差がつく♡「ハンサムウルフ」

『普通のショート』じゃ物足りない!【30・40代】カットで差がつく♡「ハンサムウルフ」

  • 2023.12.5
  • 2846 views

ボーイッシュとも甘めとも異なるシャレ感を見せる、ショートヘアの新顔「ハンサムウルフ」! レイヤーを入れて全体をスッキリさせながらも、襟足や前髪を長めに残すことで、アンニュイでムードのある仕上がりに。インナーカラーとも相性がよく、選ぶ色によって幅広いテイストを楽しめます。30・40代らしく大人の色気を演出するなら、パーマで曲線をプラスしても素敵です。初挑戦でも試しやすいナチュラルな形とカラーもご紹介しますので、ラストまで逃さずご覧ください。

「ハンサム」の決め手は長い前髪

画像1: 出典:Instagram

レイヤーをたっぷり入れて、トップに丸みをもたせながら襟足を軽やかに仕上げるウルフカット。今回注目する「ハンサムウルフ」は、長めにつくった前髪がポイントです。顔周りに縦のラインをつくることで、スタイリッシュでかっこいい印象が強くなります。都会的で大人っぽいセンターパートも、ハンサム度合いを後押しします。

インナーカラーで遊べる

画像2: 出典:Instagram

普通のショートと一線を画すのが、襟足の存在感を生かしたカラーリング。インナーカラーを入れると、長さのある襟足が際立ち、よりオシャレな雰囲気になります。画像のグレーをはじめ、クールな色合いは、黒髪と馴染みやすく大人でも無理なく取り入れられます。トレンドを意識するなら、カシス系で血色をプラスするのもオススメ。

レディライクに振るならパーマをON

画像3: 出典:Instagram

パーマで動きをつけると、ハンサムウルフ特有のかっこよさがやわらいでレディライクな印象に。シックなコーデに甘さを投入するのが人気の今年、マニッシュな着こなしと合わせて楽しんでみるのもいいですね。30代以上になると徐々に気になりはじめる、髪のボリュームダウンにも一役買ってくれそうなアレンジです。

まずはナチュラルから始めて

画像4: 出典:Instagram

ハンサムウルフは個性的な印象もあるので、ここまで見て、手が出しづらいと感じた方もいるかもしれません。そんなときは暗髪を選び、レイヤーを大胆に入れすぎないナチュラルなスタイルに仕上げることで挑戦しやすくなります。前下がりのシルエットは、顔周りをカバーしやすく小顔効果も期待度◎ スタイリングで束感をつけると、ショートならではの軽さも加速します。

※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。
※こちらの記事では@nakamura_ryuta様のInstagram投稿をご紹介しております。
※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や、販売終了の可能性もございます。最新の商品情報は各お店・ブランドなどにご確認くださいませ。

writer:tea

元記事で読む
の記事をもっとみる