1. トップ
  2. 恋愛
  3. 夫のがんが再発「何も言えなかった」妻がショックの先に考えたこと

夫のがんが再発「何も言えなかった」妻がショックの先に考えたこと

  • 2023.12.4
  • 11158 views

この物語は、著者・海原こうめさんの読者さんの体験談。主人公・シカさんは不妊治療中でしたが、夫ががんになってしまい状況が一変します。夫の命が何より大事だと思いながらも、子どもを望む気持ちを捨てられないシカさんが自分なりの答えを見つけるお話です。会社帰りに病院で検査を受けてきた夫が、なにやら暗い表情を浮かべて帰ってきました。『不妊治療中にがん告知されました』5話をごらんください。

再発や転移があるのは、がんという病気の恐ろしさの一つです。一度治療が成功していた分、再発のショックは大きかったことでしょう。暗い顔の夫に掛ける言葉を見つけることができず立ち尽くしてしまったシカさん。冷静でいなければと自分に言い聞かせます。

がん患者本人はもちろんですが、側で見守る家族も苦しいですよね。

夫婦で導き出した幸せのかたち

このお話は、不妊治療中に夫ががん告知を受けた夫婦のエピソードを漫画にしたものです。30歳を目前に不妊治療を始めたシカさん。そんな矢先に、夫に大腸がんが見つかります。

「子どもがいる」「結婚をしている」「お金がある」…「幸せ」に対する指標は人それぞれ異なります。何かを諦めることで、失う悲しみがあるかもしれません。ですが、選択肢を「諦める」のではなく、自分で「選んだ」と思えるのであれば、気持ちの向き方や歩み方も違ってくるのかもしれません。

様々な葛藤を抱きながらも、2人で生きる道を選んだシカさん夫婦。『不妊治療中にがん告知されました』は、一瞬一瞬を大切に思いあいながら支え合う夫婦の姿から、「幸せ」のかたちについて考えさせられるお話です。

著者:ママリ編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる