1. トップ
  2. ネイル
  3. 爪が割れた・ささくれができた!ありがちなネイルトラブルと応急処置

爪が割れた・ささくれができた!ありがちなネイルトラブルと応急処置

  • 2016.1.21
  • 2725 views

ふと自分の爪を見ると、いつの間にかトラブルが発生していた!なんてことはあると思います。ジェルネイルなどを頻繁にしている人ほど、自爪が弱りやすくさまざまなトラブルに遭遇しやすくなっています。しかしトラブルが発生しても、あわてずに冷静に正しい対処をすることが大切。今回は弱くなった爪にありがちなトラブルと、その対処法について紹介しています。

自爪がなんかおかしい?

【イットネイル】ふと自分の爪を見ると、いつの間にかトラブルが発生していた!なんてことはあると思います。

ジェルネイルなどを頻繁にしている人ほど、自爪が弱りやすくさまざまなトラブルに遭遇しやすくなっています。

しかしトラブルが発生しても、あわてずに冷静に正しい対処をすることが大切。

今回は弱くなった爪にありがちなトラブルと、その対処法について紹介しています。

爪に亀裂が入って、どんどん割れそうなとき。

①爪のひび割れ

この状態を放って置くと衝撃などでヒビが深くなり、強い痛みが発生することも。

外出先で気づいたときは絆創膏を巻いて対処をしますが、自宅に帰ったあとは爪専用のヤスリで軽く削りましょう。

割れた部分を滑らかにするように、やさしく削ればOKです。

また爪専用の接着剤を使って、ピンセットなどを使って爪を固定しておきましょう。

しかし自分で上手く対処ができないときや、深く割れているときは病院に行きましょう。

②ささくれ

普段ネイルアートをしない人でも、体調不良や乾燥などによってささくれは発生します。

しかし気になるからといって、指でつまんで無理に抜いたりするのはやめましょう。

抜いたあとに強い痛みが発生することがあります。

しかし放っておいても邪魔になるし、とても気になりますよね。

ささくれは、「抜く」のではなく爪切りなどでカットするのが正しい対処法。

またネイルオイルやハンドクリームなどで保湿しておけば、新たにささくれができるのを防げます。

皮膚や爪が硬いままですとささくれができやすいので、手と指先のマッサージなどでやわらかくするのも有効です。

正しい対処はもちろん予防も大切

ひび割れもささくれも、普段のネイルケアである程度は予防が可能です。

他にもさまざまな種類のネイルトラブルがありますが、基本はすぐにネイルを中止することが大切。

症状が酷い場合は、放置したり無理に自分だけで対処しようとせずに、ちゃんと病院を受診しましょう。

Itnail編集部