1. トップ
  2. 恋愛
  3. 義両親たち「6人分の家事してね~!」嫁「えぇ…!?」⇒嫁『もう限界…リフォームします!』嫁は計画的な反撃を実行することに!

義両親たち「6人分の家事してね~!」嫁「えぇ…!?」⇒嫁『もう限界…リフォームします!』嫁は計画的な反撃を実行することに!

  • 2023.12.1
  • 8141 views

皆さんは、義家族との付き合いに悩みはありますか? 今回は「嫁の実家に住みつく義家族」にまつわる物語とその対処法を紹介します。 ※この物語はフィクションです。

イラスト:モナ・リザの戯言

嫁の実家に住みつく義家族

両親が亡くなり、実家を相続した主人公。 主人公は夫の後押しもあり、実家に引越し夫と2人で暮らすことにしました。 しかし引越し当日、義家族が実家にやってきて…。 なんと、夫が勝手に義家族との同居を決めていたのです。 騙し討ちのような形で同居がスタートし、困惑する主人公。

lamire
出典:モナ・リザの戯言

さらに義家族は一切家事をせず、主人公は仕事と家事に追われる羽目に。 夫に文句を言っても「6人分の家事をしろ」と義両親に言われ、こき使われます。 「もう限界…」と疲れ果てた主人公は、反撃を決意。 「リフォームをします!」と言って義家族を追い出し、その間に実家と土地を売って離婚届を提出したのでした。 こんなとき、あなたならどうしますか?

引越し当日でも断る

義家族に一度住みつかれてしまうと追い出すのは難しいので、引越し当日でも反対して引越しさせないようにしたほうがいいでしょう。 (50代/女性)

引越しを中断する

勝手に決められた状況で引越し先での生活は難しいので、引越しを中断します。 改めて夫や義家族の話を納得するまで聞き、引越しをするか実家と土地を売るかを考えます。 (20代/女性)

今回は非常識な義家族の対処法を、みなさんのアンケートをもとに紹介しました。 もし同じような出来事があったときは、ぜひ参考にしてみてください。 ※こちらの記事はみなさんから寄せられたアンケートをもとに作成しています。 ※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。 ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点でのものになります。 (lamire編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる