1. トップ
  2. メイク
  3. 30代の妹が苦しむ闘病生活「髪の毛もまつ毛も、もうない」

30代の妹が苦しむ闘病生活「髪の毛もまつ毛も、もうない」

  • 2023.12.1
  • 4264 views

もし、皆さんの身内に病気が見つかったら、皆さんはどうしますか?本人以上にその現実を受け止めるのはつらいことですよね。闘病生活の家族にどんな言葉をかけることができるでしょうか。どうやって寄り添うことができるでしょうか。今回、ご紹介する作品は大切な妹を子宮頸がんで亡くした方のお話です。つきママ(@tsukimama34)さんがインスタグラムで連載した『子宮頸がんと闘った妹の話』をご紹介します。どうぞごらんください。

大切な妹が、子宮頸がんになる

主人公のスミレさんには、妹のサクラさんがいました。サクラさんとはとても仲良く、スミレさんにとても大切な存在でした。ある日、サクラさんは腰の痛みを訴えます。

あまり病院にいかないサクラさんを心配するスミレさん。まさか、この腰痛が、子宮頸がんという恐ろしい病気の前触れだとは、夢にも思いませんでした…。

ステージ4と診断された妹が、苦悩を明かす

サクラさんは当時、30代。まだまだ働き盛りで将来の楽しみがたくさんある年代です。そんなサクラさんに突如判明した、子宮頸がんという病名。しかも、発見されたときはすでに病気が進行していました。

抗がん剤の治療はとてもつらかったようで、それを近くで見守る家族にとってもつらいものでした。髪が抜け落ち、ぐったりとしていく大切な家族を近くで見守ることはとても苦しいこと。何もできないことにもどかしさを感じることもあるでしょう。そばで気持ちを聞いてあげることが、少しでも本人の力になっていると信じたいですよね…。

「頑張らなくていい」妹に伝えた言葉

つらい闘病生活を送る家族を支えるために、どう関わるのがよいのでしょうか。

闘病をする家族に寄り添うことは、自身にとってもつらい瞬間がたくさんあるでしょう。向き合い方で悩んだり、寄り添い方の正解が分からず苦しむかもしれません。そんなときは、医師や緩和ケアスタッフに相談をしてみるのも選択肢ですね。

「頑張る」という言葉は、闘病する本人に重たくのしかかることもあります。そんなとき、スミレさんのように「頑張らなくていい」と言ってくれる人がそばにいたことは、サクラさんにとって心強いことだったと想像できます。

大切な家族の闘病に向き合う、スミレさん。そのエピソードから学べることがたくさんある作品です。

著者:ゆずプー

元記事で読む
の記事をもっとみる