1. トップ
  2. スキンケア
  3. 高齢男性、ケガで優先席に座る若者に【若い奴が優先席に座るな!】と大激怒!その直後、救世主が!?

高齢男性、ケガで優先席に座る若者に【若い奴が優先席に座るな!】と大激怒!その直後、救世主が!?

  • 2023.12.1
  • 9667 views

優先席はなんとなくお年寄りが座る場所というイメージがある人もいるのではないでしょうか。妊婦さんや怪我をしている人も利用してよいのですが、若いというだけでトラブルに発展することも。今回は、私の友人から聞いた優先席を巡るトラブルエピソードを紹介します。

画像: 高齢男性、ケガで優先席に座る若者に【若い奴が優先席に座るな!】と大激怒!その直後、救世主が!?

骨折をして優先席に

Bさんは仕事の帰り道に縁石につまずいて、運が悪いことに脚を骨折してしまいました。しかし仕事の都合上リモートワークはできず、毎日電車で出社をしなくてはなりませんでした。

脚を骨折してしまったので、動いている車内で立っているのはつらく、空いている席がなかったので優先席を利用することに。Bさんには優先席は高齢者が座る場所というイメージがあり、なんとなく若い自分が座るのはと気が引けながらも座ったそうです。

すると、知らない高齢男性に話しかけられました。

高齢男性が怒りだして

その高齢男性は、「こんな若いのに、優先席とは何様のつもりだ」といきなり激怒し始めたのです。「すみません。骨折をしていて、立ったままの移動は厳しくて」と言うと、さらにヒートアップ。

次々に罵声を浴びせてきましたが、骨折をしている脚で動いている電車内を移動するのは難しく、どうすることもできませんでした。

とにかく次の駅に着くまで、静かに何も言わずに耐えていようと思ったその時……

ついに手を出そうとする高齢男性

高齢男性に袖を掴まれ、無理矢理席から移動させられそうになったのです。すると、近くに立っていたサラリーマン風の男性が「ちょっとちょっと、お父さん。それはあんまりなんじゃないか。この女性も骨折していてここに座る権利はあると思うけど」と注意してくれたのです。

高齢男性も負けじと、「私のような年寄りを差し置いて座るのはおかしいだろ」と主張しました。

「お父さん、これだけ怒鳴れるんだから、まだまだ若くて元気だと思いますよ」と諭された高齢男性はついに黙り込み、次の駅でそそくさと降りて行ってしまいました。

Bさんは「ありがとうございます。助かりました。」とサラリーマンにお礼を言い、そのまま無事会社に行けたそうです。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:夏野ゆきか

元記事で読む
の記事をもっとみる