1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 母から告げられた真実…最愛の妹が「子宮頸がん」で治療困難?

母から告げられた真実…最愛の妹が「子宮頸がん」で治療困難?

  • 2023.12.1
  • 2944 views

つきママ(@tsukimama34)さんのフォロワーであるスミレさんは、妹・サクラさんの再検査のため、母と3人で県内で一番大きい病院に来ていました。サクラさんの検査中、待合室で待っていると突然母が重い口を開け…。『子宮頸がんと闘った妹の話』第8話〜9話をごらんください。

サクラさんの体調不良は子宮頸がんからくるものでした。スミレさんの友人の例を話しても、母親の表情が和らがないのは、それほど厳しい状態だということでしょう。

気づかないうちに進行することもあるというがん。いきなり突きつけられた現実はとてもつらいものでしたね。

子宮頸がん検診を受けよう

この連載は子宮頸がんと闘ったとある30代女性の経験を、その姉の視点でつづったものです。がんと闘うサクラ本人とその家族の姿や思いがていねいに記録されています。

病気がわかり、闘病を終えるまでの記録を「もし自分や家族が」と重ねてみると、胸に刺さるものがあるでしょう。子宮頸がんは「マザーキラー」と呼ばれ30代女性に多いがんとして知られています。

仕事・育児などで忙しい毎日の中で、つい後回しにしてしまう自分の体のこと。しかし、幸せな暮らしは健康あってこそである面もあります。あとで後悔する前に、子宮頸がん検診を受けましょう。

自身や家族の健康を大切にしようと、今一度考えさせられる作品です。

著者:ママリ編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる