1. トップ
  2. ファッション
  3. 1枚でオシャレに見える「ニットだからいい服」 シンプルじゃない特別なデザイン

1枚でオシャレに見える「ニットだからいい服」 シンプルじゃない特別なデザイン

  • 2023.11.30
  • 259 views



今年もニットの季節がやってきた。その特有の風合いによって、少々派手なデザインなどの「着てみたい」ものも試しやすくしてくれる。そこであらためて、ニットにしかできない魅力に着目。当たり前のようにそばにいる存在に価値を見いだす、2つの長所をクローズアップ。



「かわいい」も許容範囲なモチーフニット


たとえば大胆に入ったハートのモチーフ。ほかの素材だと躊躇してしまうような甘さやキャッチーさも、ラフさのあるニットだと、けっして気張りすぎず身近に。上質な厚みで品のよさもそこなわない。


グレーハートデザインニット 26,400円/NKNIT グレーウールミニスカート 25,300円/THE SHINZONE(Shinzone ルミネ新宿店) ピアス(片耳) 各20,900円/e.m.(e.m. 青山店) 身ごろとそでをくっつけたらわかる、ビッグなハート形。トレンドに舞い戻ってきたミニ丈の肌感でセンシュアルなムードもとり入れ、大人の女らしさに。




「楽だけどラフじゃない」フォギーな質感

気持ちがよくて過ごしやすい。肌がよろこぶフォギーな質感。やわらかさを生かしてあえてきちんとインテリに。細身な形やジャケットなどかっちりとしたアイテムも、ニットなら肩ひじ張らない装いがかなう。


白ボアニットベスト 37,400円、ニットパンツ 30,800円/ともにADAWAS(ショールーム セッション) 手に持ったジャケット 75,900円/ロンハーマン イヤリング 5,250円/アビステ グローブ 36,300円/ハンサム ストックホルム(ジャーナル スタンダード 自由が丘店) パンプス 35,200円/PIPPICHIC(ベイジュ) 上品ともまた違う、太めのボアニットなら、真っ白でまとめたワントーンの緊張感もOFFできる。金ボタンにファーコートのクラシック感もとっつきやすく変化。



(全12選を公開!)
≫纏うだけでおしゃれな人になれる「キャッチーなニット」シンプルだけどセンスある着こなしのコツとは?

元記事で読む
の記事をもっとみる