1. トップ
  2. 心理・占い
  3. 【鳳凰数術で占う12月の運勢】 <ラクダ>タイプの運勢は?

【鳳凰数術で占う12月の運勢】 <ラクダ>タイプの運勢は?

  • 2023.12.1
  • 468 views

「とにかくその言葉に癒やされる」と話題の人気占い師・暮れの酉さんによる「鳳凰数術」の占い連載が大好評! 日々を心地よく過ごすためのヒントと、繊細さんに向けた、ふっと心がほぐれるメッセージを毎月の最終日にお届けします。ラクダさんタイプのあなたの運勢は?

ラクダさんの12月の運勢

総合運

別れの星がめぐってくる12月は、クローゼットに眠ったままの服や、契約したけどあまり活用していないサブスクなんかがすごく気になってくるでしょう。いらない物を手放す勇気が湧いてきて、お片づけがスムーズにできる運気なんです。昔の自分にとって必要だったものが、今も役立つかというとそうでもないよねと気がついて、身も心も軽くなる星回りです。過去に負った心の傷や、負い目を感じている記憶だって今なら手放せるかもしれません。変えられないことを悔いるより、いま楽しいことを見つけるほうがはるかに有意義であると気づくのです。別れは出会いの第一歩。この12月、なにを手放すにしても、その空いたすき間には新たな希望がやってくることでしょう。

仕事運

ラクダタイプは、ほかの人が見落とすような細かな点にもよく気がつく観察力の鋭い人です。自分が表で目立つより、他者の活躍をサポートし成果がきちんと出るように手助けするのがうまいでしょう。本来は自分がリーダー役をすることには気後れしがちで、縁の下の力持ちとして動くほうが気質には合っていますが、この12月は注目度がアップしています。企画書や提案書を出して、意見を伝える絶好のチャンスなんです。考えはどんどん口にしましょうね!

対人・恋愛運

人の温もりをしっかり感じられる幸運期です。この12月、もしも心乱されることが起こったら、それはストレスを誰かと共有して絆を深めるための材料に過ぎません。手足が凍えたときに飲むスープの温もりは、いつも以上に体に染みわたるみたいなものです。不運なことや悲しいことを深追いせず、「話のネタ」だと割り切ってしまいましょう。日ごろからスマホやカメラで写真を撮る習慣をもつと、今めぐる幸運の星を見逃さずハッピーになれます!

アドバイス

手の血色を確認しましょう。手相占いの考えでは、運の良し悪しや体の疲労度は掌の色に映し出されるといわれます。冴えないときや間違った判断を下すときは大抵、血色がいつもより悪くなっているものです。逆にいえば、手の血行を良く保ち皮膚の潤いをキープしてあげると頭は冴え、幸せを見逃さないで済むということ。夜、寝る前や昼、仕事の休憩のタイミングで意識的にツボをマッサージしてみましょう。ハンドクリームに凝っても運気にはプラスです!

【鳳凰数術の占い方】

①占いたい人の姓名の漢字の総画数を調べます。
(日常的に使っている新字体でOK。ただし旧字体を意識して使っている方は旧字体で計算してください)

(例)
渡+辺+由+加+利=34
山+田+花+子=18

②総画数を9で割った【あまり】を出します。
この数字が【基本キャラクターの数】になります。(9で割り切れる数の場合は【9】になります)

【1】キツネ 【2】ラクダ 【3】イルカ 【4】ツバメ 【5】鳳凰 【6】龍 【7】パンダ 【8】ペンギン 【9】孔雀

(例)
・渡辺由加利さんの場合:総画数34画 あまりは【7】→「パンダ」タイプ
・山田花子さんの場合:総画数18画 あまりは【9】→「孔雀」タイプ

PROFILE

暮れの酉

大阪ミナミの老舗占い館で18年間No.1の座に君臨。古今東西の占術を古典から深く学び、練り上げた占法は8万人の鑑定で鍛えられ、独自の占術へと進化。テレビ東京『占いなんて信じない』など多数出演。2022年2月初の書籍『暮れの酉の繊細な人のための鳳凰数術占い: 名前と生年月日でわかる生きやすくなるための方法』(ヨシモトブックス)を発売。

horoscope:暮れの酉 illustration:Kaoru Konagai edit:Miho Arima
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

元記事で読む
の記事をもっとみる