1. トップ
  2. 心理・占い
  3. 【鳳凰数術で占う12月の運勢】 <ツバメ>タイプの運勢は?

【鳳凰数術で占う12月の運勢】 <ツバメ>タイプの運勢は?

  • 2023.12.1
  • 341 views

「とにかくその言葉に癒やされる」と話題の人気占い師・暮れの酉さんによる「鳳凰数術」の占い連載が大好評! 日々を心地よく過ごすためのヒントと、繊細さんに向けた、ふっと心がほぐれるメッセージを毎月の最終日にお届けします。ツバメさんタイプのあなたの運勢は?

ツバメさんの12月の運勢

総合運

一年の終わりを迎える12月は、なんとなく漂っていたモヤモヤした空気が去り、好奇心を取り戻す活発な星回りです。新しくオープンしたお店や、新しく発表される映画などの情報があなたの気持ちをワクワクさせ、浮足立ったような気分になるでしょう。今まで出かけたことのないエリアへ足を運べば、それだけで運気はアップ。友人や家族を誘って外出を楽しんでみましょう。この12月はツバメタイプのもつ、空気を読む力がいつも以上に輝きます。周りの人の考えていることをうまくキャッチし、相手の言いたいことを的確に引き出してあげられるときです。もし身近に「何を考えているのか理解しづらい人」がいたらわかり合えるチャンス。人づき合いは積極的に広げていきましょう。

仕事運

周りの人から頼りにされやすい運勢です。それは一見、面倒なことかもしれませんが周囲から認められている証拠だと考えれば、それほど悪いことではありませんよね。信頼できない相手を誰も頼ったりしませんからね。12月は多くの人に「恩を売る」ことがテーマのとき。自己犠牲する必要まではありませんが、力が余っているのなら余裕のある範囲で親切にしましょう。人を助けることを通して、自分に必要な情報に気がつくことがきっとあるはずです。

対人・恋愛運

愛が深まる幸運期です。心が疲れたとき、自分の置かれた状況を気にかけてくれる誰かがいるとそれだけで癒やされますよね。「大丈夫? 無理してない?」というありふれた言葉でも、自分に向けられた気配りだとわかると特別なひと言になるものです。12月は、そういう「特別」が増える星回り。あなたが今まで、たぶん無意識にしていた優しさが返ってくる運勢です。派手なイベントに身を投じなくても、ありふれた日常に喜びを感じられる最強の運勢なんです。

アドバイス

人生をポジティブに変えてくれる漢字というのがあるのをご存じですか。鳳凰数術では、月ごとに幸せの漢字を占うこともできるのです。この12月、ツバメタイプにとって「金」「白」「貴」という漢字は幸運の道しるべになります。人名でも地名でも、種類は問いません。もしこの漢字のつく人や場所に関係することがあったなら、運気が好転するのは間近です。身近なところに誰かいませんか。期待を込めて探してみましょう!

【鳳凰数術の占い方】

①占いたい人の姓名の漢字の総画数を調べます。
(日常的に使っている新字体でOK。ただし旧字体を意識して使っている方は旧字体で計算してください)

(例)
渡+辺+由+加+利=34
山+田+花+子=18

②総画数を9で割った【あまり】を出します。
この数字が【基本キャラクターの数】になります。(9で割り切れる数の場合は【9】になります)

【1】キツネ 【2】ラクダ 【3】イルカ 【4】ツバメ 【5】鳳凰 【6】龍 【7】パンダ 【8】ペンギン 【9】孔雀

(例)
・渡辺由加利さんの場合:総画数34画 あまりは【7】→「パンダ」タイプ
・山田花子さんの場合:総画数18画 あまりは【9】→「孔雀」タイプ

PROFILE

暮れの酉

大阪ミナミの老舗占い館で18年間No.1の座に君臨。古今東西の占術を古典から深く学び、練り上げた占法は8万人の鑑定で鍛えられ、独自の占術へと進化。テレビ東京『占いなんて信じない』など多数出演。2022年2月初の書籍『暮れの酉の繊細な人のための鳳凰数術占い: 名前と生年月日でわかる生きやすくなるための方法』(ヨシモトブックス)を発売。

horoscope:暮れの酉 illustration:Kaoru Konagai edit:Miho Arima
※画像・文章の無断転載はご遠慮ください

元記事で読む
の記事をもっとみる