1. トップ
  2. グルメ
  3. 三越伊勢丹HDとトランジットジェネラルオフィスが合弁会社「三越伊勢丹トランジット」設立、飲食など新規事業で協業

三越伊勢丹HDとトランジットジェネラルオフィスが合弁会社「三越伊勢丹トランジット」設立、飲食など新規事業で協業

  • 2016.1.20
  • 1845 views

三越伊勢丹ホールディングスとトランジットジェネラルオフィスによる新会社、三越伊勢丹トランジットが1月20日に設立。三越伊勢丹が51%、トランジットが49%を共同出資する。

消費者のライフスタイルや価値観が大きく変化し、飲食マーケットに注目が集まる中、三越伊勢丹グループの店舗、顧客、ブランド力とトランジットジェネラルオフィスが持つ、トレンド感の強い飲食ブランドの発掘力、飲食店舗の企画、運営オペレーションのノウハウを融合することで、顧客への提供価値の高い飲食店舗を共同で開発する。飲食事業をスタートとして、今後その他の分野でも協業を進め、新たな価値を創造し提案していくという。主な事業内容は、飲食店の企画及び運営事業・海外ブランドとのライセンス契約、及び独自開発するカフェ、専門店、レストラン、フードコートの企画運営としている。

トランジットジェネラルオフィスの中村貞裕代表取締役社長は、伊勢丹出身。これまでも、伊勢丹新宿店リモデルオープン時には、サードウェーブコーヒー&シャンパンバー「THE STAND」やビストロカフェ「BISTRO CAFE LADIES & GENTLEMEN」で出店協力するなど、関わりも深い。今回の合弁会社設立でどんな新たなコラボレーションが生まれるのか、業界としても注目が集まる。