1. トップ
  2. 恋愛
  3. ランチに誘われない…孤立する同僚に快感を覚える|どうしたって合わない人間はいると学んだ

ランチに誘われない…孤立する同僚に快感を覚える|どうしたって合わない人間はいると学んだ

  • 2023.11.29
  • 10367 views

作者・こてつ(@kotetsu_n)さんは、同僚のAさんから日常的に理不尽な怒りをぶつけられていました。それでも関係を良好に保とうとするものの、最終的には距離を置くことを決めます。こてつさんの部署に新たに3人の女性スタッフが増員されました。みんな社交的でこてつさんとも気が合い、4人でランチに行くことも…。しかしなぜか、いつもAさんは誘われません。この状況にこてつさんは快感を覚え…。『どうしたって合わない人間はいると学んだ』第13話をごらんください。

Aさんだけランチに誘われない状況に、こてつさんはかすかなよろこびを感じています。こてつさんは新しく入ったスタッフにAさんとの過去のわだかまりを話したことはありません…。なので、Aさんの孤立とは無関係です。

一時はAさんからの謝罪を受け入れ、互いによい関係が築けているように見えました。しかし、こてつさんは過去に受けた理不尽な仕打ちを忘れられなかったのかもしれませんね。

職場の人間関係に悩んだ末、人との距離感を学んだ実体験

作者・こてつ(@kotetsu_n)さんは、学生時代から誰とでも信頼関係が築ける性格でした。そのため、以前勤めていた会社でも、同期や先輩たちと分け隔てなくお付き合いができていました。ところが転職先で初めて「人間関係」に悩まされます。Aさんから職場で日常的に理不尽な怒りをぶつけられていた、こてつさん。関係を良好に保とうとするものの、最終的には距離を置くことを決めます。人間関係について考えさせられる作品、『どうしたって合わない人間はいると学んだ』第1話をごらんください。


この漫画は、著者・こてつさんが転職先で出会った「Aさん」との人間関係トラブルを描いた体験談です。

「Aさん」はこてつさんに、わざと大きな音を出すなど、理不尽に怒りをぶつけてくる人でした。こてつさんは「同じコミュニティーにいる人とは仲良くしなければならない」と、必死にAさんと親しくなろうとします。しかしある時、彼氏の一言で「合わない人とは必要以上に親しくなる必要はない」と新たな気づきを得ました。

Aさんは後にこてつさんに対して「こてつさんが部署に入ってきて、自分の立場が奪われる恐怖でイライラが抑えられなかった」と謝罪。こてつさんも謝罪を受け入れましたが、最後までAさんとの価値観の違いを埋めることはできなかったといいます。

職場や学校などのコミュニティーで「全員と仲良く」というのは難しいものです。自分が心地良いと感じる人と人間関係を築くことは、自分を大切にすることにもつながります。相性が合わない人とは適切な距離を持ってお付き合いをするのも大切なことですね。また、自分を悩ませる相手の考え・行動を変えようとせず、「自分とは違う価値観や視点を持っている人」と認めるだけでも心が軽くなることもあります。

合わない人との距離感を無理がないように保つことで、自分も相手もお互いに心地よく過ごせるようになるといいですね。

著者:kotti_0901

元記事で読む
の記事をもっとみる