1. トップ
  2. グルメ
  3. 「まるもち家」から新感覚和洋折衷スイーツ「黒蜜ときなこで食べるプリン」が誕生

「まるもち家」から新感覚和洋折衷スイーツ「黒蜜ときなこで食べるプリン」が誕生

  • 2023.11.29
  • 270 views

京都伏見稲荷大社のお膝元に本店を構える和菓子屋「まるもち家」を展開するゲンキジャパンは、12月1日(金)~2024年3月中旬の期間限定で、新商品の和洋折衷スイーツ「黒蜜ときなこで食べるプリン3個入」2,900円(税込・送料無料)を「まるもち家」公式ECサイト、楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングにて販売する。

「黒蜜ときなこで食べるプリン」について

SNSで26万いいねを獲得した「まるもち家」人気No.1商品「水まる餅」は、口に入れた瞬間からとろけるおいしさと、水風船を割るとプルンと飛び出す様子が話題を呼び、“口でも目でも楽しめる和菓子”として好評だ。

今回、水風船を割って楽しむシリーズの新商品として、「黒蜜ときなこで食べるプリン」が誕生した。

「黒蜜ときなこで食べるプリン」開発ポイント

「黒蜜ときなこで食べるプリン」は、研究を重ねた「まるもち家」ならではの柔らかさが魅力。

「水まる餅」のように、水風船を割ると中身が飛び出てくる仕組みをプリンでも実現するべく、成分量や配合を調整し、研究を重ねた。3年の開発期間を経て、おいしさと柔らかさを維持しながら楽しめるプリンが誕生した。

また、プリンにカラメルソースをかけるのではなく、同社オリジナルの黒蜜ときな粉をかけることで、従来のプリンとは違う、和菓子の要素も楽しめる“新感覚和洋折衷スイーツ”となっている。

さらに、子どもから大人まで、たくさんの人に楽しんでもらえるようプリンのおいしさはそのままに、卵を使わずに作り上げた。お土産にはもちろん、子どものおやつにも、ギフトにもおすすめだ。

「まるもち家」店主、田中洋一氏コメント

「まるもち家」店主、田中洋一氏は「『黒蜜ときなこで食べるプリン』は、和菓子屋がプリンを作ったらどうなるんだろう、という素朴な疑問から生まれました。500通り以上の試作を経て、洋菓子と和菓子のいいとこどりをした『まるもち家』ならではのプリンが出来上がりました。京都みやげの新定番として、たくさんの人に味わっていただきたいです。いつもとは違うプリン体験を是非お楽しみください!」とコメントしている。

人気No.1ロングセラー商品

「まるもち家」人気No.1ロングセラー商品「水まる餅3個入」2,600円(税込・送料無料)は、SNSで26万いいねを獲得し、数多くの芸能人やインフルエンサーが愛食している。

ECモール経由での注文も多数で、楽天市場においては「わらび餅」のカテゴリーで40週にわたり1位を獲得している。「口に入れた瞬間、思わずとろける」と大好評の「まるもち家」一押しの商品だ。

新商品「黒蜜ときなこで食べるプリン」を試してみては。

「まるもち家」公式ECサイト:https://marumochiya.net/

(角谷良平)

元記事で読む
の記事をもっとみる